CULTURE

【FF7リバース速報】テーマソング発表にデートイベントも!最新トレーラーが情報過多すぎでヤバい

本サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介している場合があります

悩む人

12/8に公開されたFF7リバースの最新トレーラー!いろんな情報が詰め込まれていてますます発売が楽しみになりました!でも、ネット上では様々な意見が飛び交っているようだけど、、、??

 12月8日、FF7リバースの最新トレーラーが公開されました!

これまでのトレーラーはバトルやフィールド画面に関するシーンが多かったですが、今回はリバース本編の物語に触れるような内容だったり、ついにあのキャラが登場したり、テーマソングが発表されたり、、、!!

Ruka

いきなり情報過多で楽しみがとまらない~~~!!

本記事では前回に引き続き、

最新トレーラーを見た感想を思うままに書いていきます。

この記事の内容は個人による一つの考え方に過ぎず、「これが公式だ」と主張するものではありません。仮に記事の内容がご自身の考え方と違うものであっても、あくまで「単純に考え方が違うだけ」に留めて頂きたく思います。過激なコメント及びキャラへの誹謗中傷はご遠慮頂きますようご理解とご協力をお願いいたします。

それでは行ってみよ~~~!!

【FF7リバース】最新トレーラー

まずは公開された最新トレーラーの紹介です。

もう、このサムネからしてーーー!!って感じですね。

これはおそらく、忘らるる都の祭壇で祈りを捧げるエアリスだと。

Ruka

なんか、黒い羽根飛んでない、、、?これは上空から奴がくる前触れ!?!?

【FF7リバース】描かれるザックスの世界線

トレーラーの初っ端からザックスですね。

ザックスはクラウドとセフィロスに並びリバースのメインビジュアルにも起用されているくらいなので、おそらく本作でも重要な役割を果たすキャラだと考えられます。

本作ではリバース正規の世界線と、ザックスが生存した世界線(if)の2つの世界を交互に操作していくという感じになるのでしょうか。

Ruka

プレイヤーがザックスをどこまで動かせるのかも気になりますね

アバランチで生き残ったのは

衝撃だったのが、ザックス生存の世界線ではビッグス以外のアバランチメンバーが全員死亡している展開ということ!!!

Ruka

まさかのバレットティファまでも!!!

七番街プレートの戦いで全員死亡したのか、それとも別の事件・事故なのか、、、。

前回のトレーラーでは原作にはないミッドガルを襲う災害が発生し、クラウド以外のメンバーがケガを負うシーンなどもありましたし、ここも何かバレットとティファの死に関係があるのかもしれませんね。

ただ、神羅から死亡扱いはされていたものの、

  1. 本当に死亡したのか
  2. 行方不明になっているから死亡扱いなのか

については不明なところ。

マリンとザックスが出会う??

トレーラーには、ザックスとマリンが出会っているシーンがありました。

原作ではありえない珍しい組み合わせなのでびっくりした方も多いのではないでしょうか。

「誰にも言わない?お姉ちゃんはね、怖い人に殺されちゃうの」―――…この、マリンの意味深なセリフもまた気になります。

Ruka

なお、この時クラウドはというと、、、

魔晄中毒中につき、ザックスとマリンのそばでグゲっております

FF7リメイクにて、マリンは自分を迎えに来てくれたエアリスに抱きついたとき、一瞬「何か」を感じ取っていました。

この時彼女が見たものが、もしかするとエアリスがセフィロスに刺される瞬間だったのかもしれません。

ザックスの活躍がもたらすもの

ザックスがエアリスの危機を知ったということは、それを阻止するために何かしら行動するはずですよね。

てことは、

Ruka

ザックスの動きによって、エアリスの運命も変わる可能性がある、ってコト!?

ただ、もしザックスの活躍がリバースの世界線に影響をもたらすとしても、エアリスをセフィロスから助け出すのはクラウドであるべきと思います。

クラウドは目の前で殺されるエアリスに何もしてあげられなかったことをずっと悔いていますし、そもそもFF7の主人公はザックスではなくクラウドなので。

そこは主人公の見せ場でしょう。

あくまでザックスはエアリス救出のためのアシスト的ポジションでなければ、もはや誰が主人公なのかわからなくなってしまいそう、、、。

目覚めないエアリス

しかしながら、ザックスの世界線ではエアリスもなぜだか眠ったままの状態です。

バレットとティファは死亡扱い、クラウドは魔晄中毒、エアリスは眠ったまま反応しない、、、なんというかザックスの世界線、けっこう絶望しかなくないです??

【FF7リバース】ついにきたゴールドソーサー!

ついにきましたゴールドソーサー!!

Ruka

園長・ディオの胸毛!腕毛!筋肉!!キャラが濃いいい!!

今回も好感度によってデートのお相手は変化

デートイベントは楽しみにしている人も多いかと思いますが、X(旧Twitter)でもいくつか情報が解禁されましたね。

https://twitter.com/ffviir_cloud/status/1733048774119797029?s=12&t=Q14A4NeGk3ZVdXN4ofzc3Q

原作通り、デートイベントは4パターンあるようなのでこれは全コンプリートしなければ、、、!!(使命感)

エアリスの「あなたに会いたい」はもちろん聞きたいですが、個人的に気になるのはユフィです。

Ruka

まさかこのリアルになった頭身で、クラウドにキッスするのか??

行けユフィ!ぜひやってくれ!!

エアリスの歌唱シーン

トレーラーにはエアリスの歌唱シーンがありました。

おそらくこれはデートイベントにある舞台劇の演出のひとつと見られています。

そしてこのエアリスが歌う曲こそが本作のテーマソングである「No Promises to Keep」

作曲を担当された植松伸夫氏のコメントを一部引用します。

自分の中でエアリスという存在は「エアリスのテーマ」という曲に表れているとおり、少し薄幸で儚げな印象でした。今回の曲もエアリス絡みであることは当初から理解しておりましたが、しかし歌の中には哀しげな「エアリスのテーマ」のメロディは出てきません。その対極にあるエアリスの心の中に秘められた彼女の芯の強さを表現しようと思ったのです。

引用元⇒FINAL FANTASY PORTAL SITEより

リメイクの主題歌「Hollow」はクラウドの心情を歌ったものでしたが、本作の「No Promises to Keep」はエアリスの心情を表現した曲になっている模様。

「Hollow」も「No Promises to Keep」も作詞担当は野島一成氏ですが、「Hollow」は一体誰に向けて叫ばれた曲なのか―――についてはファンの間でかなり話題になりました。

今回の主題歌もエアリスは誰に向けて「明日も会いたいな」と歌っているのか大変気になるところですよね。

Ruka

なんとなく対クラウドかな?とは思うのですが、リバースをプレイしてみるまで何とも言えません!

【FF7リバース】シドとヴィンセント登場

ついに!ついにシドヴィンセントもお披露目されましたーーー!

Ruka

うわーーーシドかっこいい!渋い!!今度こそ32歳に見え、、、なくもない!?(ルーファウス社長と2歳差)

ヴィンセントもビジュ良すぎ!自称警備員を自宅警備員と空目したけど

おそらく今作では操作できないような気もしますが、これでようやく仲間が全員揃ったわけですね。

全員が並ぶキーアートは胸熱&圧巻です!

【FF7リバース】クラウドとエアリスの距離近すぎ問題

はい、今回のトレーラーで一番衝撃を受けたかもしれません。

クラウドとエアリス、距離、、、近すぎない!!??(物理的に)

イケメンと美女のイチャイチャは目の保養です、ごちそうさまですこれだけで買う価値あります

というのは置いておきまして。

まさか、心の距離だけでなく物理的距離まで縮めてくるとは!!

クラウドとエアリス、リメイクでの描かれ方

個人的に、もうスクエニはクラウドとエアリスを同じ画面に収める業務を何年も前に終了させたとばかり思っていたんですね。

前作のリメイクでも「好きにならないで」という切ないロマンスシーンがあったり、

アルティマニアプラスなどの公式書籍を読み込むとクラウドとエアリスにも実はフラグが立っていることを感じるのですが、、、。

しかしながらリメイクからFF7に入った方や書籍などは読まないライトユーザーからすると、身体的密着の多かったティファのインパクトに引っ張られ、

エアリスはクラウドに塩対応されているのみ、に映っている可能性も拭いきれませんでした。

恋愛感情の有無は別の話として、クラウドとエアリスが「ただの仲間」以上の特別な絆を築く過程が今後のシナリオになければ

原作のエアリスを失うシーンがリメイクでは非常に淡白なものになる気がしていたんです。

よって、リバースでは

  1. そもそもチリカラシーンがカットされるのか(エアリスが生存するから)
  2. それともクラウドは淡白なままで別なキャラ(ティファ等)に号泣させるのか

上記のどちらかかなあ?と予想していたんですね。

特にリメイクではジェシーの死がまさに❷の感じだったのもあって、「エアリスの時もこの流れでくるのかも」とは思っていました。

クラウドとエアリス、リバースではどうなる?

―――が、ここにきて正直公式がどの方向で着地させるのか全くわからなくなりましたね。

Ruka

まさか令和の時代に、クラウドとエアリスが、あんな至近距離で顔を寄せ合っちゃってるシーンがあるなんて誰が予想しました??

90年代発売当初ならまだしも、ねえ?

まだたった一部分なので何とも言えないですが、トレーラーでもあえてピックアップして見せてくる以上少なくともリメイクよりかはクラウドとエアリスの関係性がライトユーザーにもわかりやすくなるよう描かれているのでは?と予想できます。

と、言って蓋開けてみたらアッサリしている可能性も大アリなのがスクエニw

ティファがかわいそう?エアリスは横恋慕?

クラエアシーンがトレーラーで流れたことにより、一部では「エアリスがティファの気持ちを知っておきながらクラウドにちょっかいかける嫌な女に見える」との意見を見ましたが、、、。

別にクラウドとティファは結婚しても付き合ってもいないので横恋慕ではないし、どう行動するかはエアリスの自由なんじゃ、、、ゴニョゴニョ

Ruka

そこはエアリスを責めるのではなく、ティファに発破かけるところかなあと

ティファもエアリスに負けるな!頑張れ!もっとクラウドにアピれ!幼馴染ポジで安心してたらとんでもない刺客が急ピッチで距離詰めてきてんぞ!ってコト?

リメイクでエアリス自身も原作よりかはクラウドにグイグイアピールする様子は減りましたが、それはクラウドとティファをくっつけようと応援しているからというよりは、

クラウドのことが好きだけど自分のこの先の未来を知っているがゆえにクラウドの側にいつまでもいてあげられないため、一歩引いているといった印象を受けました。

完全に個人の解釈になりますが、私はクラエアもクラティも両方原作に存在していると思っています。

そしてどちらのヒロインにもファンはたくさんいます。

リメイクが割と序盤からクラティ寄りだったので、今回はクラエアのターンがきたのかな、と。

リメイクのときから公式は両方のファンに対し配慮しているように見えます。

Ruka

確かに今回のトレーラーではクラティファンにとっての嬉しいシーンは少なかったですもんね

まだ憶測でしかないけど、たまたま今回のトレーラーにティファが少なかっただけで、リバースでもおそらくクラティファンが喜ぶようなシーンは存在するでしょう

Ruka

それに3作目は間違いなくティファが大活躍のターンが待ってますから!

【FF7リバース】エアリスの運命もついに判明するのか

リバースでは忘らるる都までストーリーが進行します。

トレーラーのサムネが明らかに水の祭壇にいるエアリスなので、あの辺りのイベントは確実に描かれるのでしょう。

私個人としては、忘らるる都のイベント自体はありつつもエアリスの生死確定については3作目まで引っ張るんじゃないかと予想。

原作通り上からセフィロスに擬態したジェノバが降ってきて、エアリスのテーマをBGMにジェノバ・LIFEと戦い、悲しみに暮れる仲間たちを背景に一旦エンディング。

ただ、リメイクのエンディングで亡くなったと思われていたビックスが目を覚ましたように、エアリスの身にも原作にはない何かが起きる―――え、結局エアリスどっちなの??みたいなところでリバースは終わるんじゃないかなと。

Ruka

で、エアリスの生死確定は3作目で!それまで4年くらい考察して待っててね!っていう流れ、、、ありえそうでは??

リメイクで倒したはずのフィーラー(っぽく見えるもの)がまたもエアリスの周りを浮遊しているところも気になります。

なぜまた登場してきたのかは不明だけど、原作厨のフィーラーを再度倒せば、エアリスの運命も変わるかもよ!って示唆なのかな???

ザックスの世界線にいるエアリスが昏睡状態なのも引っかかりますよね。

もしかしてリバースの世界線でエアリスは亡くなるけど、ビックスのようにエアリスもザックスの世界線(原作で亡くなったキャラが逆に生存している世界)で目を覚ますの???とも予想できますし。

で、最終決戦前に二つの世界線が交わってクラウドにザックスとエアリスが力を貸し、今度こそ完膚なきまでにセフィロス&ジェノバを倒す!ヤッタゼ!「もう 大丈夫、だね(ACのごとく背を向けてエアリスが立ち去る)」―――~fin.~

っていうのが私のここ数年の予想です!知らんけど!

そして公式は、いつまでもヒロイン論争を煽り続けるのだった!

【結論】リバース発売が楽しみ!

ということで今回も熱が入り勝手な感想と予想で6,000文字超えで記事を書いてしまいました。

発売まであと3ヶ月ほど(2023年12月現在)。

どんなストーリー展開になっているのかはもちろん、フィールド探索、連携バトル、そしてデートイベントなどなど、リバースにはお楽しみ要素が盛りだくさんの様子。

2月29日を期待して待ちましょう!

それでは今回はこの辺で。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。