エンタメ

【FF7】ザックスって一体誰?クラウド&エアリスとの関係は?【考察】

この記事ではFAINAL FANTASYⅦ REMAKE及び関連作品のネタバレを含みます。FFⅦ作品全てにおいて未プレイの方はご注意願います。

FF7リメイクが発売されたのを機に、オリジナル版やその派生作品に興味を持たれた方も多いでしょう。

気になって調べていると、「ザックス」という人物がちょこちょこ登場することはありませんか?

今回は原作では登場シーンは限りなく少なかったものの、クラウドやエアリスにとっては超重要な人物であるザックスについて考察していこうと思います。

ザックス・フェアという人物

画像引用元⇒『FINAL FANTASY Ⅶ 10th ANNIVERSARY ULTIMANIA』P88より

まずはザックスがどんなキャラクターなのかといいますと、

 

神羅カンパニー所属のソルジャー(のちに1st)。クラウドの親友でエアリスの初恋の相手

 

という字面だけ見ても重要度が半端ないキャラクター設定です。

明るくて人懐っこく大人になっても少年のような心は忘れない無邪気な性格のザックスは、上司や部下、友達などの仲間を大切にし、「英雄になりたい」という大きな夢を持っていました。

若くしてソルジャークラス1stになるなど実力も才能もあり、顔もしっかり男前(FFキャラなんで当然か)。最後は親友を守る為に神羅軍にたった一人で立ち向かい、その短い人生を終えます。

もう完璧過ぎませんか?という最強ヒーローっぷり。女性人気だけでなく男性人気も獲得してしまうのも頷けますよね。

姓の「フェア」は晴天に由来し、「雲」を意味するクラウドとは対照的な名前にもなっています。

 

FF7の主人公はクラウドですが、ザックスは本編の7年前に当たるストーリーのクライシスコア(CC)FF7の主人公を務めており、上記の性格はほぼCCで判明したもの。

オリジナル版では出番が少ないのもありますが、クラウドの親友でソルジャークラス1stでエアリスの初恋相手ぐらいにしか描かれていません。あとは女の子が大好きで各地にガールフレンドがいる設定でしたが、CCで女の子好き要素は若干薄れてしまったような。(好きは好きなのかなー?って感じ)

もともと原作時代から大人気だったザックスですが、CC発売でその人気に一層拍車がかかりました。

ザックス・クラウド・エアリスの関係性

FF7は原作発売後に過去を掘り下げた作品が出たりその数年後の映像作品が出たりなど時系列を把握するのがけっこう大変です。

まずはザックスの人生を時系列順に箇条書きしてみますね。

  1. ゴンガガを出てミッドガルを目指し、ソルジャーになる(物語序盤で1stに)。
  2. 任務中にプレート内部からスラムに落下し、教会でエアリスと出会う。
  3. 任務の合間をぬってエアリスに会いに行き、その距離が縮まる。
  4. モデオヘイムへ向かう道中、一般兵のクラウドと田舎出身同士ということで意気投合。
  5. 上司であり仲間であったアンジールからバスターソードを引継ぎ、彼の死を乗り越える。
  6. セフィロス、一般兵のクラウドと共にニブルヘイムへ向かう。
  7. セフィロスが自分の正体を知り発狂⇒ニブルヘイム村を全焼させる。
  8. クラウドがセフィロスに致命傷を負わせるものの、ザックス・クラウド共に神羅に捕まる。
  9. 4年に渡り神羅屋敷で人体実験を受け続ける。
  10. 魔晄中毒のクラウドを抱えて神羅屋敷から逃亡⇒ミッドガルを目指す。
  11. 途中、何百という神羅軍の追っ手に囲まれ命を落とす⇒バスターソードはクラウドへ渡る。

そしてバスターソードを引き継いだクラウドがミッドガルへと流れつき、ティファと再会することでFF7本編の物語が始まります。

時系列順に、まずはザックスとエアリスの関係から見ていきましょう。

ザックスとエアリスの関係

ザックスとエアリスの関係は、FF7の世界に原作から入るかCCから入るかで大きく考え方が変わります。

 

原作では、ザックスはあくまでエアリスの初恋の人止まり

 

です。エアリスが「ザックスとは付き合っていたわけではない、ちょっといいなって思っていただけ」とクラウドに話すシーンが原作にあるので、恋人関係ではなかったのは確かです。

公式書籍の解体真書にはミッドガルで花を売っている時に偶然ザックスと出会い、ザックスのおかげで神羅にも良い人がいるんだって思えるようになったと記載されています。

だからザックスがどこかの任務に行くと言ったきり姿を見せなくなった時ずいぶん泣いたんだ、と。これが「初恋」だったのか、とエアリスはザックスがいなくなってから始めてその感情が「恋」だったことに気が付くのです。

 

ザックスの出身地ゴンガガについた時、ザックスの両親の元には息子からガールフレンドができたという手紙が届いていましたが、エアリス自身そのガールフレンド=自分だとは思っていませんでした。

ザックスは女の子が大好きだったから、他の女の子のところにいってしまったのよ、と。

 

ザックスがエアリスをどう思っていたのかについては具体的には描写されていません。

ザックスもエアリスも性格的に「じゃあ付き合いますか」「彼女になって」って言いそうな気がしますし、エアリスがザックスのガールフレンドを自分だと思っていない以上そんな会話はなかったのでしょう。

あくまで他の子よりも特別な女の子、みたいなニュアンスだったのでしょうか。

 

ということで、原作におけるエアリスとザックスの関係は「エアリスの淡い初恋の思い出」に過ぎません。解体真書には、こんなエアリスの台詞が書かれています。

クラウドにはじめて会ったとき、ザックスに似てるなって思った。ちょっとした仕草や、言葉づかいまで……優しいところも。でも、クラウドはクラウドだよね。私、今はきっと、ザックスよりもずっとクラウドのことが好きになってる。

引用元⇒ファイナルファンタジーⅦ 解体真書159ページ

ザックスと出会い、叶わなかった淡い初恋の思い出を胸に秘めて今度はクラウドと二度目の恋に落ちる。それが原作でのエアリスでした。

出会った当初、クラウドの中にザックスの面影を重ねていたことはゴールドソーサーの観覧車デートでも伝えていましたよね。

 

「だけど、いまはちがう。」
「わたし、あなたを探してる。」
「あなたに会いたい。」

 

クラウド自身にエアリスが惹かれていたからこそ、偽りのクラウドではなく本物のクラウドに会いたいと彼女は告げたのでしょう。

 

 

ところがCCでは一転。

 

明らかにエアリスの初恋止まりではないレベルの距離の縮まりっぷりです。

 

一緒にデートもしているし、しょっちゅう電話もするし、任務の間にちょこちょこザックスはエアリスのいる教会に会いに行っている様子。

仲間のアンジールを亡くして悲しむザックスを後ろから優しく抱きしめるエアリスを見た時号泣した人は私だけではないはず。

 

もうこれ純愛です……まるで少女漫画のようなけがれのない少年と少女の恋愛模様です。

 

エアリスが原作で身に付けているピンクのリボンですが、CCであれも実はザックスがエアリスに買ってあげたものという設定が付け加えられています。(※しかしCCでザックスが買ってあげたものと、リメイクでエアリスが付けているリボンはデザインが異なるのでザックスがくれたものをそのままずっと使用しているわけではなさそうです。単純にザックスがデートでリボンを買ってくれたって演出に過ぎないのでしょうか。)

 

エアリスの名台詞の一つである「デート1回!」も実はザックスがエアリスに言った台詞であったことも判明。エアリス、初恋の人が言った台詞をクラウドにも言ったのか…。

CCは時間軸的に言えば原作より前の話にあたるものの、発売は後なので結局全て後付け設定ではあるのですが。

個人的にザックスとエアリスの出会い方がクラウドと酷似しているのも、デート1回の台詞も、原作へのオマージュというかファンサービス的なものかなと思っています。

事実、解体真書ではエアリスがミッドガルで花を売っている最中ザックスと出会ったことが書かれているので矛盾してますし。

ちなみにCCでは花売りを始めたのもザックスが提案したからってことになっています。

 

一応これらの設定が後付けされたのは、エアリスをフォローするためのものとも言われています。

デート1回もエアリスを好意的に見ている人にとっては可愛い台詞だと感じますが、そうでない人にとっては出会って間もないクラウドに突然デートを報酬にする自分にめちゃくちゃ自信のある嫌な子に映ってしまうこともあり、実際批判もありました。だから初恋の人が使った台詞を真似した設定にした、と。

さらにエアリスの仕事が「花売り」であることから、エアリスは「娼婦」だという根も葉もない噂がネット上で流れてしまいました。

これは公式も完全否定しておりエアリスにそんな設定は一切ありません。

おそらくはエアリスアンチが流した憶測に過ぎないのですが、あまりにも噂が広まってしまったために誤解を解く意味も込めてエアリスがなぜ花売りになったのかというきっかけをCCで掘り下げて明確に描写しようとしたのでしょう。

 

CCをプレイするとザックスとエアリスのやりとりが本当に可愛くてキュンキュンしっぱなしで、どうかこの2人がいつまでも幸せでいて欲しい!と思ってしまいます。

ザックス、ニブルヘイムには行くな!もう二度とエアリスとは会えなくなるんだぞ!と原作を知る者としては言いたくなるのです。

 

エアリスはザックスが行方不明になってから88通の手紙を書いていましたが、それがザックスに届くことはありませんでした。

これが最後の手紙です」ともう会えないことを悟ったであろうエアリスの89通目の手紙がようやくザックスの元へ届き、ザックスはミッドガルへ戻ることを決意します。

すでに自分は神羅から追われる存在だというのに、自分の危険を顧みずエアリスに会うためにミッドガルへ帰ろうとするのです。しかし、その途中で神羅軍の猛攻を受けて命を落としCCのエンディングへと向かいます。

CCではザックスにとってエアリスがどれだけ大切な存在だったのかが詳しく描かれていますし、エアリスも原作のように「あれが初恋でした」では済まされないくらいザックスのことを想っています。

ザックスとクラウドの関係

次にザックスが出会うのはクラウドです。

 

クラウドとザックスは親友関係でした。

 

といっても、CCではザックスとエアリスの関係性の方が深く描かれているのでクラウドとめちゃくちゃ仲良し!って描写は正直あまりありません。

ザックスが向かった任務先に同行してた一般兵の一人がクラウドでした。そこでお互い話すうちに田舎出身同士ということで意気投合し、その後仲良くなったという設定です。

 

この時点でのクラウドはザックスの2歳年下なので15歳かそこらでしょう。まだあどけなさの残る優しい顔した初々しい少年です。ニブルヘイム時代に尖ってケンカに明け暮れ、ひとりぼっちだった感じはあまり見受けられません。

田舎から都会に出て社会に揉まれた結果丸っこくなったんでしょうか。

 

ザックスは任務の途中でクラウドとすれ違えば声をかけたり気にかけたりする描写があったので仲は悪くないんだな、と思えましたがクラウドは実際ザックスのことをどう思っているのかは謎です。

ソルジャーを夢見たのにソルジャーにはなれなかったクラウドが、歳も近く田舎出身で自分と境遇の似たザックスがあれよあれよと昇進していく姿を見て何も思わなかったのでしょうか。

自分は一般兵止まり。一方ザックスは憧れのソルジャーでクラスは1st。性格も良くてみんなからの人望も厚い。

自分にないものを、ザックスはたくさん持っています。

私がクラウドの立場だったら、正直ちょっときついです。ザックスに嫉妬してしまうかもしれません。

でもそれを含めても余りあるほどザックスの性格がよくて嫉妬の心すら忘れてしまう程だったのだとすれば、仲良しだったかもしれませんね。

ザックス、コミュニケーション能力めちゃくちゃ高そうですし。あのクラウドとも仲良くなれても不思議ではないかも。しかし親友?なのかなあ……もう少し2人の仲良しエピソードがあればよかったのですが。

ともかく、穿った見方をしてしまいましたがザックスがミッドガルへ向かう時に魔晄中毒のクラウドを見捨てて行かなかった以上クラウドを大切に思っていることは間違いありません。

エピソードとして深掘りはされませんでしたが、プレイヤーの予想を上回る以上の信頼関係を築いていたと推測します。

そうでなければアンジールの形見のバスターソードをクラウドに託すはずもないし、ましてや「エアリスに会ったらよろしくな」なんて命を危険に晒してでも逢いに行きたかった女性を最後クラウドに任せるはずもないでしょう。(そこにクラウドしかいなかったから、なんてそんなロマンのないことは言いません。)

エアリスが嫌な女に見える?

このように原作とCCでは2人の関係に温度差があるので、どちらから先にFF7の世界に入ったかでその印象は大きく変わるのではないでしょうか。

 

CCから入った方にとって、ザックスとエアリスの関係は揺るがないものですよね。

なのにエアリス、ザックスのことすっかり忘れてクラウドにグイグイアピールしてるし一体何なの!?キャピキャピするなよ!と思ってしまう人もいるでしょう。

特にクラウドとティファのような、お互い長年想い合う関係が好きな人にとってエアリスのクラウド好きアピールは好ましくないかもしれません。

 

しかし。CCはあくまで原作発売後に発表されたもの。

ザックスというキャラを掘り下げる以上エアリスとの関係を淡泊に描くわけにはいきません。先に発表された原作と矛盾が生じてしまうのもある程度は仕方のないことです。

私は原作からFF7を始めましたが、CCから始めたとしてもエアリスが気軽に心変わりしたとは思いません。エアリスはザックスを想い何年も手紙を書き続けていたのは前述の通りです。

この時エアリスはまだ21歳です。17歳の時にザックスと出会い、恋を知り、行方不明になってもなお再会できることを信じて彼を想い手紙を書き続けました。

でもザックスからの返信はありませんでした。「これが最後の手紙です」と書かれているように、エアリスの中ではもうこの時にザックスへの想いは諦めに近いものがあったのだと考えます。

10代後半~20代前半の一番恋愛が楽しい時期に、もう会えないザックスのことをずっと想っていたエアリスがザックスを諦めるというのは相当な覚悟が必要だったでしょう。

それでも古代種の能力ゆえか、ザックスにはもう会えないことを悟った。そんな中、そのザックスの面影をもつクラウドと運命的にも出会えばエアリスの止まっていた時間が動き出すのもごく自然な流れです。

 

決してひょっこり現れたイケメンに飛びついたわけではないし、嫌な女でもない。

 

原作の時点でザックスは亡くなっていますが、エアリスは生きています。

22歳の女性にザックスへの一途な想いを強要する方が無理があるのではないでしょうか。

もちろんCCの2人の関係は微笑ましいものでしたが、CCはCC、原作は原作として区別して考えて欲しいと思うのが個人的な意見です。

最後に

ということで今回は、ザックスという人物を中心に彼を取り巻くクラウドとエアリスの関係について考察しました。まとめると

 

ザックスとクラウドは原作から引き続き良好な関係ですが、ザックスとエアリスについては原作と派生作品では大きく温度差がある

 

ということになります。

原作のエアリスがCCのエアリスを知ったら死ぬほど驚いたでしょうね。原作では「ちょっといいなって思ってただけ」なのにCCでは「ほぼ恋人同士」みたいな設定ですから。

 

リメイクではこのザックスが、実は生きているのでは?なんて思うようなシーンが追加されました。

あれこれ言いましたが私自身ザックスはFFキャラ史上でも上位に食い込むほど好きなキャラなのでどうか幸せになってほしい!生きていてほしい!とは思うのですが、ザックスが生存しているとFF7の物語が始まらないのであれは一体何を表しているのか非常に疑問が残るところです。

ザックスが生存したかどうかの考察は別記事にてまとめています。

【FF7R】リメイクでザックスは生存したのか【考察】 この記事ではFAINAL FANTASYⅦ REMAKE及び関連作品のネタバレを含みます。FFⅦ作品全てにおいて未プレイの方はご...

よければこちらもどうぞ!

 

 

本サイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO