CULTURE

【FF7】ティファは本当にクラウドが好きなのか【考察】

本サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介している場合があります

 

本記事では『FINAL FANTASY VII REMAKE 生配信及び動画・画像投稿に関するガイドライン に基づき、規定の範囲内でゲームのスクリーンショットを掲載しております。

掲載している画像の著作権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を目的とするものではありません。

この記事ではFAINAL FANTASYⅦ REMAKE及び関連作品のネタバレを含みます。FFⅦ作品全てにおいて未プレイの方はご注意願います。

 

結論から言うと、ティファはクラウドに好意を持っています。

クラウドが誰を好きなのかについてはプレイヤー次第で解釈が分かれるところですが、ティファやエアリスはクラウドが好きという設定にゲーム上なっていますね。

 

初めてFF7をプレイした時はクラウドってこんな可愛い美女たちに好かれまくって羨ましい設定だな~なんて単純に思ってましたけど、改めて物語やキャラの心情などを含めて考えてみると、

Ruka
Ruka
あれ?ティファって本当にクラウドのことが好きなのか??

と、疑問というか矛盾に感じるところが複数ありました。

 

ということで今回はクラウドに好意を寄せるティファの設定において違和感があった点について深堀していこうと思います。

ティファは嫉妬するくらいクラウドが好き

ティファがクラウドに好意を寄せる模様は、関連書籍にもいくつか書かれています。

ザンガン流格闘術の使い手で、男と互角に渡り合う一方、内面はとても女性的。クラウドに対しては、恋心を寄せると同時に、彼の矛盾した言動に不安を抱いているが、それを口に出せずにいる。

ティファにとってクラウドは、過去との唯一の接点であり、助けてくれると約束をした王子様的存在であり、恋の対象だ。

引用元⇒FINAL FANTASY Ⅶ ULTIMANIA OMEGA P22、P23より

 

さらに、リメイクでは減ってしまいましたが原作ではクラウドと親しくするエアリスに対し、嫉妬しちゃうティファの様子が描かれています。

【ティファの嫉妬❶】コルネオの屋敷

コルネオから情報を聞き出すため単独で屋敷に向かったティファ。

彼女を助けるべくクラウドもエアリスと共に屋敷に乗り込みますが、エアリスは初対面であるティファに

「安心して。少し前に知り合ったばかりよ。なんでもないの」

と自分たちの関係を説明したわけですが。

ティファは

「安心って……何を安心するの?」
「ああ、勘違いしないで。私とクラウドは単なる幼馴染よ。なんでもないの」

なんて、なんでもない関係であることを強調している辺り逆にクラウドを意識している様子がうかがえます。

【ティファの嫉妬❷】神羅ビルの独房

他には神羅ビルの独房に捕まった際、クラウドとティファが同じ独房に入れられていることをエアリスはティファの声が聞こえるまで知りません。

「エアリス!?無事か?」
「きっと、クラウドが来てくれるって思ってた」
「ボディーガード、依頼しただろ?」
「報酬はデート一回、だったよね?」

ティファはそこで初めてクラウドとエアリスがデートの約束をしていることを知ります。

「……………なるほど」
「……!?ティファ!ティファもそこにいるの!」
「すいませんねえ」

Ruka
Ruka
最後のすねた「すいませんねえ」辺りにティファ、2人の会話に嫉妬しちゃったのかな?って感じますよね

 

全然好きでも何でもない男が突然自分の知らない女を連れてきたところで正直どうでもいいし、更にはその女とデートの約束しててもなんの興味も持たないもの。

しかしこのように嫉妬を見せるってことは、シンプルに考えてティファはやっぱりクラウドのことが好きだからなんでしょう。

ティファ→クラウドは「好意」か「依存」か

上記の通り作中でもティファがクラウドに好意を寄せている描写自体はあるのですが、正直彼女が一体クラウドのどこに惹かれているのかまでは読み取れませんでした。

ティファはクラウドの何が好きなのか

そもそも、ティファとクラウドは一般的に想像する幼馴染の関係ではありません。

リメイクでは変更が加えられるかもしれませんが、原作ではソルジャーになってティファのピンチにかけつけるという約束する以前はお互い親しくなかった間柄です。

ティファはこの約束をきっかけにクラウドを意識し、村を出て行ったクラウドを想うようになりますが、そこから今までずっとクラウドを好きでいたのかは正直分かりません。

約束後から一貫して一途にクラウドだけを想っていたのだとしたら、大切な人が働いているかもしれない神羅にテロ作戦を実行しようとするでしょうか。

神羅が憎くて憎くてクラウドどころじゃなかったっていうなら理解できますが、、、。

 

さらにはミッドガルで再会後、様子のおかしいクラウドをそばで見守っていたかったとはいえ、テロに参加させるのも謎です。

しかもリメイク版ではティファ自身がテロ行為に否定的であるにも関わらず、それに好きな人を参加させるのはもっと謎、、、。

 

ティファ擁護で解釈すれば、用事が済めばさっさと姿を消しそうなクラウドを長い期間自分の元に引き留めておくには大掛かりな仕事(=魔晄炉爆破)を依頼するしかなかった、とかでしょうか。

Ruka
Ruka
原作序盤のティファに冷たいクラウドならまだしも、リメイクのクラウドはティファに優しいので何でも言うこと聞きそうだしわざわざテロに誘わんでもよかったのでは?という印象も、、、

心細いティファの元に現れたヒーロー・クラウド

ティファは思ったことが口に出せず、腕っぷしは強いかもしれませんが精神的には脆いタイプのキャラクターです。

とはいえ、10代の頃に両親も故郷も何もかもなくしてしまい天涯孤独になったティファの生い立ちを考えれば、彼女の心細さや寂しさは充分に理解できます。

 

ティファの過去はこれまで語られてきませんでしたが、2021年発売の下記小説「Traces of Two Pasts」にてようやく詳細が明らかになりました。

created by Rinker
¥1,650
(2024/04/14 22:24:00時点 楽天市場調べ-詳細)

Ruka
Ruka
この小説を読むと、ニブル事件以降ティファがどれだけ苦労して生きてきたかがわかります

 

だから個人的には給水塔で約束を交わして以降ティファはクラウドをずっと(恋愛的な意味で)一途に想っている!というよりは、

再会して以降にクラウドを自分の精神的な心の拠り所にしたように見受けられます。

ティファは守られたい願望がある子ですし、作中でもクラウドを真っ先に頼る描写がいくつもあります。

 

好きは好きなんだろうけど、過去の自分を知る人間が周りに誰もいなくて孤独を感じているところに同郷のクラウドが現れたわけですよ。

さらにはこの男、かつてピンチの時にかけつけるとヒーローの約束をした男ですよ。

 

そりゃティファじゃなくても安心してテンション爆上がりするに決まってる!!!

 

自分と同じ共通点を持つ人間の存在って大事ですから。

進学で一人上京して不安を抱えながら大学生活を送っていたら、同じ学部になんと同郷の人がいた!ってなったら安心するしまず最初は仲良くなるのと一緒です。

 

しかもティファの場合は故郷はもう存在せず、身内もいない状態なのでクラウドが目の前に現れた喜びは尋常じゃないと思います。

それくらいティファにとってクラウドとの再会は特別だったんですよね。

 

だからこそ、クラウドがいなくなってしまうことが彼女の中では最も恐ろしいことであり、クラウドの行動に違和感を覚えていても口に出すことができずにいました。

ティファから見たエアリスの存在

ティファにとって、エアリスの登場も大きいでしょう。

エアリスの性格も相まって、あのクラウドがあっという間にエアリスと仲良しになっていきます。

 

エアリスは最初「なんでもないの」なんて言ってたけど、彼女はティファと違って好意を持ったクラウドへのアピールも積極的。

しかもこの人もまたどえらい美女です。

 

あれ、このままだとヤバい雰囲気かもな。

 

クラウドがエアリスのところに行ってしまったら、今度こそ本当のひとりぼっちです。

両親もいなくなった、故郷も失った、自分たちの責任とはいえ七番街スラムも店も何もかも失ったティファ。

クラウドだけは私の前から絶対いなくならないで!という感情が湧いても不思議ではありません。

 

そういうのもあって、エアリス単体の時は仲良しだけどクラウドが絡むと必死になっちゃうのかなーって思います。

単純にクラウド好きだから取らないでよー!の可愛い嫉妬なだけには見えません。

エンディング後のティファとクラウドは一緒にいるものの

ティファとクラウドが最終的にどういう関係なのかは想像の余地があり、プレイヤーごとに解釈が分かれます。

好感度が高く甘めの夜を迎えていれば結ばれたとも感じるでしょうし、そうでなければ良き旅の仲間といった関係性ですね。

 

エンディング以降のアドベントチルドレン(AC)の時間軸ではバレットとその娘のマリンと共に、4人で家族として暮らしていました。

バレットはテロ行為の贖罪のため旅立ち、その後デンゼルという孤児の少年が加わります。

ACまでの過程は下記の小説「On the Way to a Smile」にて書かれています。

created by Rinker
¥1,540
(2024/04/14 23:31:08時点 楽天市場調べ-詳細)

ティファ、クラウドと一緒にいて大変そう

エンディング~AC辺りのティファはピリピリしてるというか、心が常に晴れないで悩んでいるといった感じです。

なぜならクラウドが本当の自分を取り戻して、セフィロスを倒して星も守って、ようやく新たな人生が始まるのかと思いきや、なんだかクラウドがふさぎ込み始めてしまったから。

 

どうやら彼はエアリスを守れず死なせてしまったことに罪悪感を抱えており、それゆえに心を病んで星痕症候群という死の病を発症してしまったらしく。

Ruka
Ruka
クラウド、お豆腐メンタルだから、、、

 

しかもクラウドが連れてきたデンゼルは、彼が「エアリスが自分の元へ連れてきた」と解釈して保護した子。

クラウドには懐くけど、ティファには初めなかなか心を開いてくれない。そこにティファはモヤモヤ。

 

クラウド本人はティファに何も告げず突然自宅を去り、最後の時をエアリスの教会で迎えようとしていたり。

それに対してティファもとうとう爆発。

でも一人は嫌なんでしょ?だって携帯は手放さないもんね!ズルズルズルズル!私たち、思い出に負けたの!?

Ruka
Ruka
なんかもうこの2人さあ、一緒にいて大変だなあ、、、

 

ティファの爆発したくなる気持ちはわかります。

新しいセブンスヘブンも切り盛りしながら家事も子供達のお世話もほぼティファが担当。

 

まさに共働きなのにワンオペ育児+家事。

んでエアリスがウンタラカンタラ~とか言ってデンゼルを連れてきた当の本人は何も告げずに家出。

さすがにティファでなくてもブチギレるだろこれは。

 

クラウドもティファも精神的に脆いので、一緒にいて相手に不安を感じて心を病んでしまわれないか心配になってしまいました。

お互い、もっとポジティブな人と一緒にいた方が精神衛生上良さげな気がします。

シナリオ担当の野島一成氏からは「セフィロスのこととか色々なくてもクラウドとティファは合わない」という発言がありますが、お互い「陰」の性格がそうさせるのかな?と思います。

ティファの前では「ヒーローな俺」であり続けるクラウド

前述の通りティファも

「クラウドが何よりも大好きで大切でどんな時でも一緒にいたい!」というよりも「過去を共有できる唯一の人」としてクラウドに精神的に依存している

ように見えてしまいます。

 

でもそのクラウドも全然心が強くない上に自分を責めてしまうタイプなので、なんか上手くいかない、みたいな。

「……クラウドがいれば全部解決する気がする」
「クラウドがね……いつもそうしていたみたいにちょっと気取ったポーズで言ってくれるの。大丈夫だよ、ティファって」

 

もともとティファは原作からクラウドにはかっこいい頼りになるヒーローであってほしいと思っている節がありますね。

セリフからも見える通り、やはりクラウドが心の拠り所です。

クラウドが途中でいなくなってから、彼女は急激に弱弱しくなってしまいます。

 

カッコつけてティファに花をあげたりグラス片手に「綺麗だ」とか言っちゃうリメイククラウドならやりかねませんが、

でもそれもあくまでジェノバ細胞の影響を受けているクラウド自身が作り出したカッコイイ俺!ってだけで、どのみち本来のクラウドは彼女の求めるタイプではなさそう。

クラウドって大概肝心な時に心病んでウジウジしちゃってますし、物理的には強く頼りになるかもしれませんが、精神面で引っ張っていってくれる要素は皆無です。

Ruka
Ruka
むしろクラウドこそザックスやエアリスのような精神が強い相手に引っ張ってもらって前を向けるタイプかと

 

そしてこちらはACの前日譚となる小説「On the Way to a Smile」からの一部引用ですが、

クラウドが眠っているのを確認してから声をかけてみる。
「わたしたち、大丈夫だよね?」
もちろん答えはない。寝息が聞こえるだけだ。クラウドがここで眠っているという事実だけが家族の証明なのだろうか。
「わたしのこと、好き?」
クラウドは目を覚ます。怪訝そうな顔。
「ねえ、クラウド。マリンのこと、好き?」
「ああ。でも、時々どう接していいのかわからない」
「もうずいぶん一緒にいるのに?」
「それだけじゃ、ダメなのかもな」
「――――わたしたちも?」
クラウドは答えない。

引用元⇒On The Way to a Smile FINAL FANTASY Ⅶ EPISODE:TIFAより

どうでしょうか。

ティファは一緒に住んでいるのにも関わらずバラバラでうまく機能しない名前だけの「家族」に不安を覚えており、

クラウドの寝ている間に疑問を投げかけます(起きてる時に言えないのがなんともティファっぽいですね)。

 

しかし、目を覚ましたクラウドはティファが安心するような言葉をかけてはくれなかったので、ティファの不安はますます募る一方です。

ここでこそ「大丈夫だよ、ティファ」って気取ったポーズはなくてもいいから言って欲しかったんですよね、ティファとしては。

でも彼もまた不器用な性格なのでティファの気持ちを汲み取った上手い言葉をかけてあげることができないんです。

Ruka
Ruka
なんてもどかしい2人、、、

 

ティファは自分はどうなってもいいから周りを優先したい!という自己犠牲タイプではなく、どちらかというと最も大切なのは自分自身のように感じます。

 

クラウドが記憶違いを起こしているのをずっと言えなかったのも、真実を告げることでクラウドがおかしくなってしまうのを心配していたという部分ももちろんあるのでしょうが、

根っこのところでは

本当のことを言えばクラウドが自分の前からいなくなるかもしれない(=また孤独になる)のが恐ろしくて仕方がなかった

という気持ちがあるからでした。

 

クラウドへの愛情が誰よりも深いからこそ多くの悩みを抱えながらも常に一緒にいるというよりは、

もう二度とあんな孤独を味わいたくない・大切なものを失いたくないという自分自身のためにクラウドを選んでいる―――ーように個人的には思えてしまうのです。

まとめ

ということで私自身は原作をプレイした結果、ティファもクラウド大好きってよりは依存っぽいし、

クラウドもエアリス引きずってるし(恋愛というよりも救えなかった罪悪感が強いようですが)でギスギスしてお互い一緒にいて楽しいのかなあ?

と個人的には解釈してしまいました。

 

色々辛辣に書いてしまいましたが、私はクラウド×ティファ否定派ではなく、原作でもクラティはあったと思っています。

ただ、子供の頃から長年お互いがお互いだけを一途に想い続けて精神世界で成就し、決戦前夜には結ばれてそれ以降はラブラブ!ティファ専用セコムなクラウド最高!ってクラティ像では全然ないんですけども、、、。

Ruka
Ruka
否定っぽく見えたらごめんなさい、私にはそう解釈ができなかっただけで一途に思い合う2人という解釈ももちろんアリで素敵だと思います

 

実はかっこいい俺(ソルジャー)じゃなかった・実は幼馴染じゃなかった、という心の奥深くにしまっておきたかった苦い思い出に精神世界で向き合い、乗り越えた上で新たに関係を再構築し、一緒に歩いていく大器晩成型の2人というか。

そして今後は精神的に脆い2人ながらも失敗を繰り返しつつ共に寄り添い、成長していく姿を見守りたいというか。

もしラブラブな関係になるならもう少し長く一緒にいて年を重ね、心が成長してからなのかな?と感じたのが私のクラティ像です。

 

しかしながら原作では明らかにクラウド頼りだったティファですが。

リメイクでは落下しかけたクラウドを自ら助けに行って「だらしないぞ!ヒーローなのに」と守られてるだけの女ではない発言をしたり、

続編であるリバースのトレーラーでも「私がクラウドを守る」と言っているので、今後のリメイクシリーズではティファの精神的に脆くクラウドに依存しているという印象が変わる可能性も否定できません。

 

まもなく発売されるリバースでクラウドとティファの関係がどのように描かれるのかは見どころの一つと言えますね。

 

それでは今回はこの辺にて。

最後までお付き合いありがとうございました!

 

 

 

 

 

本サイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

© 1997, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA
LOGO ILLUSTRATION:© 1997 YOSHITAKA AMANO

© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO