CULTURE

【FF7リバース】ゲームプレイ日記(感想)part11/終わりゆく世界~エンディング

本サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介している場合があります

本記事では『FINAL FANTASY VII REBIRTH 生配信及び動画・画像投稿に関するガイドライン 』に基づき、規定の範囲内でゲームのスクリーンショットを掲載しております。

掲載している画像の著作権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を目的とするものではありません。

この記事ではFAINAL FANTASYⅦ REBIRTH及び関連作品のネタバレを含みます。FFⅦ作品全てにおいて未プレイの方はご注意願います。

ようやくリバースをクリアしましたのでプレイ日記も最終回!

サブクエや探索など放置してるのもまだあるけどトータルプレイ時間はクリアまで70時間くらいでした。

ほんとボリュームありまくりだった、、、。

しかし泣いた、、、とにかく涙なしには終われなかったし終わっても謎が残ったチャプター14、、、!!

ということで今回も長めの記事となっております!

前記事はこっちから

クラウド・エアリス最後のデート

セフィロスの手により、谷底へ落下した2人。

全ての事情を知っているであろうエアリスと、何も知らないクラウドの切ない最後のデートが始まります。

エアリスの家で目を覚ます2人

エアリスの声かけで目が覚め、車椅子から立ち上がるクラウド。

目が覚めた場所は五番街、エアリスの家。

クラウドとエアリスが同じ場所で目覚められたのはザックスが2人をここに運んできてくれてたからってことだよね。

でも、おそらく2人が目覚めたこの世界はこれまでゲーム冒頭から我々が見てきたザックスの世界とはまた別なんでしょう。

Ruka

忠犬スタンプがこれまで見てきたものと違うものでしたからね

「空 見ないでね」

外に出ようとする2人。

そのときエアリスから「空を見ないで」と言われたクラウドですが、がっつり空を見上げてしまう!

そこには謎の大きな亀裂が―――……。

おそらくまもなく消えてしまうような不安定な世界には空にこのような亀裂が走ってるということなのかな。

Ruka

エアリスはそれを知っているんだ、、、

いつもと違うエアリスに気づくクラウド

五番街に出て2人のデートが始まります。

これ、デート中のBGMが「No Promises to Keep」のアレンジになってるんだ、、、切ないなあ―――……ってさ、特定の誰か宛ではない曲とは言いつつも作中でこの使われ方だとやっぱり主に対クラウドイメージなのかな?って思うわ普通に。

Ruka

いつだってこの曲はクラウドとエアリスが一緒の時に流れてるくない?

明るく振る舞っているエアリスに対し、彼女の様子がなんだかいつもと違うことに気がつくクラウド。

カップル写真を撮っているカメラマンからもエアリスは「お姉さん泣きそうな顔してる」と言われてしまう。

でもエアリスはその事情を詳しくは話してくれない、、、。

クラウドとエアリスの関係は純潔っていうか、公式も絶対あえてラインを超えさせないように守ってる感じがしますね。

個人的にもこの2人からドギツイ性的な香り漂わせられるのは想像できないし、このまま別冊マーガレットラブを貫いてほしさはある。

そんなエアリスの元に「こんな辺境にいたのか。消失を受け入れた世界は―――」とセフィロスの囁きが、、、。

Ruka

この男どこまでも高次元から監視してやがる

クラウド、エアリスと共に教会へ

「エアリスやっぱり様子が変だ、説明してほしい」とクラウドから言われたエアリスは、自分たちの思い出の場所に行こうと提案。

着いた場所は教会。

「簡単すぎる」と話すクラウドに「思い出少ないから」と返すエアリス。

で、どうやらこの辺りはセリフが分岐するらしくですね。

「(思い出は)これから作ればいい」とクラウドが言うのは一緒なのですが、その後エアリスに「それ本心?」て聞かれて

  1. 微笑みながら「ああ、もちろん」→エアリス喜ぶパターン
  2. 「仲間だからな」で終わるパターン

の2種類があるようです。

私は前者だったしYouTubeで確認してももちろんパターンしか探せなかったんですが、おそらくエアリスの好感度が低いと(あるいはデート相手が別キャラだった場合?)仲間だからなパターンに切り替わるのでしょう。

Ruka

こ、細かい!他にも分岐するセリフはあるのかな??

エアリスの告白→白マテリアをクラウドへ

クラウドの気持ちを聞けてよかった、と言い、クラウドのことが好きと告白するエアリス。

でもその「好き」がどの好きかは本人にもわからないらしい。

でたァ!!公式様お得意のどっちにも取れるセリフだ!!

Ruka

ゴンガガに引き続きまた出たwww

恋愛的な意味で好きは好きなんだろうけど、こんなにも1人の人を大切に想う感情が初めてでエアリス本人も「好き」の一言では言い表せないという表現にも見えるし、

あなたのことはLOVEではなくLIKEですと伝えてるようにも見えますね。

かなり解釈が割れそうな感じ

ただ私がクラウド(精神年齢16歳の田舎出身男子)だったらですけど、向こうから抱きついてきておいて「仲間として好きなだけでーす」なら都会で出会った女怖すぎてトラウマになりそうな気さえする。

そしてクラウドに代々受け継いできた白マテリアを手渡すエアリス。

まさかの大事な大事な白マテリア贈呈式。

これは相当クラウドのことを信じてないとできないことじゃない??

トレーラーで見たときもびっくりしたけどエアリス本当にクラウドに渡したよ白マテリア!!

しかも今のクラウドはいつまたセフィロスに操られて狂うかもわからない不安定な状態だということは今しがた追っかけ回されたエアリスが一番よくわかっているはず。

にも関わらずクラウドに渡すってことは余程の信頼があってのこと、、、。

「さよならクラウド 楽しかった」

白マテリアを手渡したエアリスは寂しそうな表情を浮かべながら「さよならクラウド。楽しかった」と彼を突き放したのでした。

Ruka

「バイバイ」でもなく「じゃあね」でもなく「さよなら」がお別れのあいさつで一番切ない(個人の感想)

後ろによろめいたクラウドは手を伸ばしますが、もうエアリスには届かず―――……。

エアリスはデート中もこのお別れが来ることをわかっていたんだもんな。

にしても「泣きそうな顔してる」ってエアリスが隠してた気持ちに気づくモブカメラマン何者なん??すごくない??

あいつなかなかやりよるな

そしてクラウドを元の世界へ戻したエアリスの背後からは―――……

来てる!!どんぎつね来てるよォ!!!

このエアリスはどうなっちゃうのかな、、、白マテリアももう持ってないし、、、てか、持ってたとしてもこんな近距離でどんぎつね来ちゃったらもう物理じゃどうにもならないよなあ。

Ruka

やっぱり、この世界のエアリスも、、、

世界観の解説者セフィロス

クラウドが異空間を漂ってる瞬間もそばでずーーっと今作の世界観を実況してくれるセフィロス。

セフィロスの話をまとめるとこんな感じ。

  1. 運命の壁が壊れたことによりこの星には複数の世界が誕生
  2. 長続きする世界もあれば、すぐ消えてしまう世界もあり様々
  3. 長く続いたとしてもいずれは消える運命→星が消えれば何もかも終わり
  4. だから一緒に消えちゃう運命に抗ってクラウド!
  5. 2人で世界をリユニオン(複数の世界を再結合させて新世界作りたい的な意味?)させよ!

話がややこしくなってるけど、結局原作でもリメイクシリーズでも永遠に消えることのない絶対的な支配者になりたいというセフィロスの目的は一緒ぽいですね。

一方その頃のザックス

上記セフィロスの説明通り、この星にある複数の世界を何個も渡り歩いてるのが今作のザックスですね。

チャプター14冒頭からエンディングまでにざっくりあげるだけでも

  1. クラウドの魔晄中毒を治すべく宝条の元へ向かう世界線
  2. ビッグスの魔晄炉爆破を止めに行く世界線
  3. 教会前に座り悩んでいるところセフィロスに遭遇し「お前ではダメだ」と意味深なセリフを言われる世界線
  4. セフィロスと戦い、メテオが落下する世界線

これくらい移動しています。

異世界(?)トラベラー・ザックス!

ザックスには黄色い花に導かれながら世界線を渡り歩いている―――というような描写があります。

おそらく3作目でも似たような登場をし続け、最終的にはザックスにとってハッピーエンドな世界線に辿り着く展開になるのではないでしょうか。

エアリスを追って

元の世界に戻ってきたクラウド。

その手に握られているのは別世界で別れたエアリスから託された、中身の入った輝く白マテリア。

それに気づいたセフィロスは「異物を持ち込んだのか。罰が必要だな」とニタニタし始めて―――……いやもう、罰ってアレしか考えられないですやん!!!

眠りの森で白マテリアの交換

その先で、エアリスが「また会えたね」とクラウドの前に姿を現しました。

「セフィロスのことは私に任せて。クラウドは自分のことだけ考えて」と言い残して1人で忘らるる都へ旅立つのは原作とほぼ一緒ですね。

エアリスはフィーラーに記憶を抜き取られて透明になってしまった白マテリアをクラウドに渡し、代わりに別世界線の自分がクラウドに託した中身の入ってる白マテリアを持っていっちゃった。

エアリスが持っていった中身のある白マテリアはこれまで通りホーリー発動のために使うんだけど、おそらく今後キーになるのはクラウドが持ってる透明白マテリアの方ですよねきっと。

透明=空っぽの白マテリアはクラウドの心とリンクしてて、中身をどの感情で満たすかが今後重要になってくるのでは!!??

Ruka

そういうことなんじゃないの!!??

1人で行ってしまうエアリスを必死に追いかけようとするクラウドでしたが、白フィーラーに行手を阻まれてしまいそれも叶わず、、、。

水の祭壇で祈るエアリス

仲間たちの力を借りてたった1人運命の壁を越えたクラウドは、水の祭壇で祈りを捧げるエアリスの元へ。

「みんなが好きなんです。だから守りたい。望みはそれだけです」―――……エアリスの願いが響き、辺りには白と黒のフィーラーが渦になって飛び交い、、、。

黒フィーラーの強い力によってエアリスに剣を振り下ろそうとしてしまうのを必死に抵抗するクラウド。

そのとき、エアリスの頭上から正宗を突き立てたセフィロスが!!!

原作では何の抵抗もできず、ただその瞬間を見ていることしかできませんでしたが、、、。

リバースのクラウドは違った!!!

フィーラーを振り払い、頭上から降ってくるセフィロスを弾き飛ばしたのでした!!!

Ruka

チャプター11からボルケーノスパーダ使ってたけど、ここはバスタソード装備してた方が正直映えたよなあって、、、

それと同時にクラウドの周りには虹色の光が、、、!!

ただの演出?それとも、、、

また運命の壁を越えた、ってコト!!???

エアリスの運命は

今度こそエアリスを救えたと思った、、、。

しかし次の瞬間、映像が乱れて血が流れ始め―――……

クラウドの横で静かに倒れ込むエアリス。

そして解けたリボンからこぼれ落ちて水中へと消えていく白マテリア、、、。

Ruka

ああ、原作と一緒のシーンが来ちゃった、、、

やっぱりこの展開なのか、、、エアリスは原作通りこのまま命を落としてしまうんだろうか、、、。

否!!!!!

最後まで希望を捨てちゃあいかん!諦めたらそこで試合終了だよ!!!!

まだ、まだわからないんだ、、、!!まだエアリスの死が確定したわけではないかもしれないんだ、、、!!

Ruka

そんな描写があったんだ!

高笑いのセフィロス

エアリスを抱きしめながら涙を流すクラウドの表情があまりに切なくて苦しい、、、。

有名な「チリカラ」のセリフは今作でなくなっていました(でも映像が乱れて無音でそのセリフを言ってるっぽいカットはあった)。

原作当時はクラウドの深い悲しみはセリフで伝えることが主だったからチリカラのようなインパクトのあるセリフが必要だったけど、今は表情とボイスで十分過ぎるほど表現できるんだもんな。

この顔見るだけで痛いほどクラウドの悲しみが伝わってくる、、、

このときのクラウド、泣き続けながら口を震わせてエアリスに何かを伝えてるんだけどボイスがなくて何て言ってるのかはわからなかった、、、。

今作口パク表現けっこう多くない?

Ruka

急募:読唇術のスキル

それに答えるかのように「クラウドは大丈夫」と彼の頬に手を伸ばして微笑む事切れそうなエアリス。

クラウドもその手を握り返して微笑む、、、。

セフィロスと連戦

駆けつけた仲間たちが見たものは、血を流して倒れているエアリスの姿。

でもこのときまた映像が乱れ始めて、一瞬血を流していないエアリスの姿が映し出されます。

これは彼女を救えた世界線が存在しているという描写なのでしょうか。

仲間たちにはエアリスを救えなかった原作通りの世界線が見えているが、運命の壁を越えたクラウドだけにはおそらくエアリスが生きている別世界が見えているのかもしれません。

Ruka

この辺ガチで複雑

さてここからリバースのラスボス戦が始まるぞ~~~!!!!

どんぎつね強いし形態変えて何度も襲いかかってくるし回復要員のエアリスはいないしでもう必死of必死!!

スクショにまで一切手が回らず

途中メンバーの中から3人だけ選ばれるバトルがあったけどあれはどういう仕組みで選ばれてたんだろう。

普段のスタメンがクラウド、エアリス、ユフィだったので内2人不在のバトルは正直手こずりまくりでした。

とりあえずユフィだけは毎回いてくれて助かった。

あと細かい点なんですが、バレットとナナキの組み合わせで戦う際にバレットが「ナナキ!」って名前呼んだところ超よかったくないですか???

ザックスと共闘

いろんな世界線を渡り歩くザックス。

どこまで行っても真っ白な世界を走り続ける先で――――ついにクラウドを発見!!

好きな女の子の気持ち持っていかれちゃっても「少し憎たらしいけどな」って爽やかな顔でクラウドを小突いて終わるザックスが良い男過ぎて好きが止まらない!!

Ruka

ザックス、君と結婚したいプレイヤーは全世界に大勢いるぞ!!

そして時が動き出し、セフィロスと戦っているクラウドにザックスが加勢!!

絶対共闘あると思ってたけど実際くると胸アツ!!!

「俺たちソルジャーだろ!誇りはどうしたんだよ!」ってセフィロスに投げかけながら戦う姿がなんともザックスらしいです。泣けます。

何だろうこのザックスがそばにいる安心感、、、!!そりゃクラウドも理想にするくらい憧れるわ。いや、クラウドじゃなくても憧れちゃうわ。

お豆腐メンタル系男子代表のクラウドはザックスとかエアリスみたいなメンタルつよつよ系とこのまま一緒にいた方が精神ずっと安定したままでいいんじゃないって思っちゃうけど、物語の都合上この人たちとは一緒にいれないんだもんなあ、、、。

Ruka

この2人にガッチリ挟まれてたらクラウド自我崩壊しなさそうな気さえするもんな

しばらく共闘したのちに、また世界が分かれてザックスとクラウドは離れ離れに。

そのときザックスが「クラウド エアリスを!」って言いながら消えるんですが、これ英語版だと「Cloud!Save her!」なんですよね。

エアリスを助けろ!って言ってるんですよね、ザックスは。

さっき刺されて血を流してるエアリスを見たばかりなのにその後で「助けろ」は時系列的に考えてもおかしいです。

てことは、やはりエアリスの死はまだ確定ではない=3作目でエアリス救済の道があるのでは??とも思えるのではないでしょうか。

最終戦はエアリスと共に

複数回のセフィロスバトルを経ていよいよ最終戦。

一人でセフィロスと対峙するクラウドの後ろから、白フィーラーと共に現れたのは倒れたはずのエアリスでした。

エアリスに対し、「正直に言おう。お前を見くびっていた」と言うセフィロス。

要するにここで登場したエアリスはライフストリーム内でセフィロスとずっと戦い続けてるエアリスってことなのかな。

「クラウド、見てたよ ありがとう」とも言ってたし。

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/18 06:24:39時点 楽天市場調べ-詳細)

↑の小説の設定がそのまま引き継がれていますね。

「セフィロス、教えて。一人で寂しくないの?」とバトル中に問いかけるエアリスにセフィロスは反応しない。

でも、実際セフィロスは寂しいんだと思う。

人間の勝手で生み出された挙句、誰からの愛情も受けられないまま今に至る―――って感じだもんな。

セフィ様ってクラウドには陰湿にストーカーのごとく絡んでくるくせににエアリスには「黙れさっさと消えろ」とか言うもんなwww珍しく超嫌いがにじみ出ちゃってるwww

エアリスがセトラってのもあるんでしょうけど、セフィロスが欲しくて欲しくて仕方ない星とクラウドの両方を渡すまいとして何度でも這い上がってくるんだからこの女目障り極まりねえ!ってなるよねどんぎつね的に。

なんとか勝利したら、セフィ様はニヤつきながらお空の彼方に飛んで行ってしまいました(通常運転)。

完全に倒したわけではないので次回のラスボスも安定のセフィロスだろうな。

セフィロスというか、ジェノバを完膚なきまでに倒すのがリメイクシリーズの目的なんじゃないかなと思います。

戦いを終えて元の世界へ戻ろうと背中合わせに手を繋ぐクラウドとエアリス―――……しかし、エアリスの姿は途中で消えてしまうのでした。

謎が深まるエンディング

ここからは謎が謎を呼ぶ展開です。

クラウドが戻ってくると、もう動かないエアリスを囲んで悲しみに暮れる仲間たちがいました。

(ほんとごめんなんだけどティファのレザースカートめっちゃテカっててそこが気になり過ぎて色々頭に入ってこなかった。)

クラウドの声かけで目覚めるエアリス

クラウドがエアリスに近づくと白フィーラーが現れ、虹色の光に包まれたと共に仲間たちの姿も消えてしまいます。

「エアリス、起きてくれ」―――横たわる彼女を抱き起して声をかけるクラウド。

すると、なんとクラウドの声に反応するかのようにエアリスが目を覚まして微笑んだ!!

えっ!?えっ!?

クラウド、微笑み返してる場合ではないプレイヤーが完全に置いてけぼりですよう2人の世界入るならちゃんと説明してからにしてくださ、、、。

おそらく演出から察するにクラウドだけはエアリスを救えた世界線にたどり着いているんでしょう。

でも野村さんがインタビューで「クラウドが大切な人の死を受け入れられない」演出にしているとかなんとか言ってるんだよな。

てことは、実はやっぱりエアリスは亡くなっており、受け入れられないクラウドだけが幻覚を見ているって可能性もなくはないのが不穏ではある。

悲しみに暮れる仲間たちの傍らで1人微笑むクラウド

エアリスの水葬シーンがカットされていたのも今作の気になる点。

もし完全にエアリス離脱確定であれば、スクエニは絶対にムービーで用意するであろう特別枠なシーンなのにそれがない。

ということは、、、言いたいことはわかるね??

下を向く仲間たちの中で一人だけ妙にあっさりとした表情のクラウド。

それもそのはず。

一瞬ノイズが走ったかと思うと―――……

クラウドの横には「送るね」と微笑むエアリスの姿があったのでした。

でも明らかにクラウド以外にはエアリスの姿は見えていない―――……。

エアリスと共に立ち上がったクラウドは隣のティファに「行こう」と声をかけます。

足取りが重いティファとは違い、エアリスとのお別れなどなかったかのような振る舞いのクラウド、、、。

Ruka

だって、クラウドはエアリスとお別れしたと思っていないんだもの

エアリスが助かった世界線が一人だけ見えていたとしても仲間からするとクラウド相当ヤバいやつに見えてますよね、これ。

それともガチでクラウドが作り出した幻覚なんだとしたら、、、エアリスの死を知ったとき、クラウドの精神はどうなってしまうんだろう。

セフィロスを倒しに北へ

場面は変わって草原へ。

シドがタイニーブロンコを整備し、セフィロスを倒すため北に飛び立つ準備を進めている仲間たちに交じって立っているのは―――……エアリス。

やっぱりクラウド以外には彼女の姿は見えていない。

クラウドは少し離れた場所に座り、エアリスが仲間一人一人の元へ向かって寄り添う姿を見守っていました。

クラウドの手の中には透明な白マテリア。

マテリアに反射する景色が今いる場所と少し違うのが気になりますね~、大きな一本の木が映ってる(この辺り長くなるのでそのうち別記事で)。

クラウドが白マテリアをポケットに戻そうとしたとき、コツンと何かに当たる音が―――……なんと、セフィロスに渡してしまったはずの黒マテリアがそこから出てきた!

Ruka

ハリポタの賢者の石みたいだな!

黒マテリアを手にした瞬間人格が変わるクラウド、、、「リユニオン」って呟いて黒マテリアを装備しちゃった、、、。

また古代種の神殿のときみたいな状態になっちゃうの???3作目、ずっと操られクラウドのままだったら嫌なんですけど〜〜!!

エアリスとお別れ

乗り込む準備が整い、立ち上がったクラウドに「空 見ないでね」とエアリスの声が。

クラウドが見上げた空には大きな亀裂。

この世界も終わりが近づいている???

「空を見るな」と仲間に告げるも、バレットの見上げた空に亀裂などなく―――……。

「いってらっしゃい」。仲間たちが乗り込み、エアリスともお別れ。

そっか、寂しいけどエアリスは行けないよね、、、だって、もしエアリスが着いてきた場合クラウドにしか見えてないから3作目はずっとクラウドが誰もいない方向に話しかけたりニコニコするヤバいやつになりっぱなしになるもんな。

「帰りは大丈夫なのか?」
「大丈夫じゃないって言ったら?」

あ〜、リメイクのときのセリフここで持ってくるかあ、、、おしゃれな演出!

クラウドの笑顔が自然でグッときちゃうシーンですね。

「でももし何かあったら」と心配するクラウドに「そのときは狼煙あげちゃう」と返すエアリス。

「私、いっぱい祈ってメテオを食い止める。だからクラウドも頑張って」
「急いでセフィロスを探し出して倒す」

クラウドを見送り、エアリスは飛び立つタイニーブロンコを見つめる。そのシーンはエアリスのキービジュアルにも重なります。

最後に流れる「No Promises Await at Journey’s End」なる英文は、「結末は決まっていない」という意味合いらしいです。

Ruka

要するに、エアリスの生存やクラウドとの再会等、いろいろ諦めるのはまだ早いぞってことだな!

流れとして、このままクラウドとエアリスを再会させないまま終わるってことはなさそう。

エアリスを完璧に生存させて平穏に暮らしました、とかは正直なさそうな気がするけど、約束の地で2人を再開させるシーンは3作目にあるんじゃないかと思いますね。

最後に

長くなってしまいましたが、リバースとても面白かったです。

ただでさえ原作も初見は難解だというのにリメイクシリーズでは世界観がさらに複雑になってきて、自分自身も理解できるかかなり不安ではありましたが、、、大丈夫、ついていけてる多分←

このプレイ日記もけっこう見てくださってる方が多くて嬉しかったな〜、でもあくまで個人の感想をつづった記事であり、何が公式とか押し付ける気は全くありません。

まだまだやり残していることも多いのでサブクエストを進めつつ、今後はクリア後の感想も上げていく予定です。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた!

本サイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

© SQUARE ENIX
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:© YOSHITAKA AMANO