エンタメ

【コスパ最強】Kindle Unlimitedは本当にお得?利用3年目が本音レビュー!

悩む人
悩む人
読書が好きなのでKindle Unlimitedが気になってるけど、本当にお得?プライム会員のPrime readingとの違いも知りたいな。

本記事ではこのようなお悩みにお答えします。

 

Kindle Unlimitedは小説、雑誌、漫画、実用書などなど、Amazon提供の電子書籍読み放題サービス。

まず結論から言うと、Kindle Unlimitedは本好きなら今すぐ始めてほしいくらいにはおすすめのサービスです。

 

本記事では

本記事の内容
  • Kindle Unlimitedはお得?コスパ最強って本当?
  • Kindle Unlimitedではどんな本が読めるの?ラインナップは?
  • Kindle Unlimitedのメリットとデメリット
  • 契約して合わなかったらすぐ解約できる?

このような内容をまとめていますのでKindle Unlimitedの契約を迷っている方の参考になれば嬉しいです。

Kindle Unlimitedとは

Kindle Unlimitedは2016年8月よりスタートしたAmazonによる電子書籍読み放題サービスです。

Kindleを持っていなくても大丈夫。

アプリをダウンロードすればスマホやタブレット、PCなどお手持ちの端末から簡単に好きな時に好きなだけ本を読むことができる読書好きにはたまらないサービスなんです。

Kindle Unlimitedで読める本は?

Kindle Unlimitedを契約すると200万冊以上が読み放題!

 

取り揃えている本は以下の通りです。

  • 一般書籍(ビジネス書、実用書など)
  • コミック
  • 小説
  • 雑誌
  • 洋書

 

Kindle Unlimitedに加入すれば一生読む本には困らないくらいラインナップが充実していますね!

Kindle Unlimitedの料金は?

料金は月額980円(税込)です。

年契約ではなく月額契約なので、やめたくなったらすぐに解約OK!無駄な支払いをせずに済みます。

 

間違えやすいので補足をしておくと、Kindle UnlimitedはAmazonプライム会員のサービスではありません。

プライム会員であってもKindle Unlimitedを利用したい場合はプライム会員費の500円にプラスして980円を支払う必要があります。

Kindle Unlimitedのメリット

ではまず実際に3年Kindle Unlimitedを利用してみてよかった点をあげていきます。

  • 月額980円の本がすぐに取れる
  • 人気作品もラインナップに入っている
  • ジャンルの新規開拓ができる
  • 部屋が圧迫されない
  • 無料体験中に解約しても30日間は利用可能

一つずつ見ていきましょう。

月額980円の元がすぐに取れる

書店で購入する場合、漫画は500円前後、実用書は大体1,000円以上はします。

読み放題対象であれば980円で何冊でも読めるので月に1、2冊読むだけで元が取れてしまいます。

 

たくさん読めば読むほどお得になるので毎月何冊も購入して読書をする方はKindle Unlimitedを利用した方がコストカットにもなりますね。

人気作品もラインナップに入っている

Kindle Unlimitedではベストセラーとなった本や人気シリーズもラインナップされています。

 

などなど挙げだすとキリがないですがどこかで聞いたことのある有名どころのタイトルもずらーっと並んでいます。

Ruka
Ruka
一度読んでみたいとは思っていたけど、なかなか購入する機会がなくて…という本も読み放題ならすぐに試せますよね!

ジャンルの新規開拓ができる

本は購入すると高いので普段読まないジャンルは躊躇してしまいがち。

しかし読み放題なら合わなければ次の本に移ればいいだけなので気軽に始められます。

 

これも読み放題ゆえのメリットと言えるでしょう。

毎回購入しているとこう気軽にはいきません。

Ruka
Ruka
以前自分で買っていた頃はミステリー小説ばかり読んでいた私も、読み放題となれば失敗を恐れる必要もないのでどんどん新たなジャンルの本を読み漁ってます♪

立ち読みも本屋でするなら面倒ですが、Kindle Unlimitedなら端末を操作してダウンロードするだけなのでこれも楽ちん!

部屋が圧迫されない

本を買い続けるとそのうち収納スペースに限界が来てしまいますが、Kindle Unlimitedを利用すれば端末一つで完結するのでその心配も不要。

 

本は購入せず図書館で借りる派の方もいるかと思いますが、図書館には自ら足を運び、返却しに行かなければいけない億劫さがありますね。

Ruka
Ruka
重い本を何冊も持ち帰るのは結構大変……なのに全部読みきれない時も。

Kindle Unlimitedなら重労働は必要なし。

自宅で寝っ転がりながら好きな本を選ぶことができます。

 

この便利さを覚えてしまうともうKindle Unlimitedのない生活は考えられないかもしれません。

無料体験中に解約しても30日間は利用可能

仮にKindle Unlimitedの無料体験期間中に解約したとしても、30日間の無料期間が終わるまでは利用を続けられます。

 

無料体験があるサブスクは解約の手続きを忘れると自動的に有料プランに移行してしまうため、

無料期間だけで終わらせる予定だったのに無駄に翌月の利用料金を支払ってしまった…なんてミスがよく起こります。

 

しかしKindle Unlimitedなら無料体験を契約後に即解約の手続きを行えばそんなミスも起こりません。

Kindle Unlimitedのデメリット

次にKindle Unlimitedを使ってみて正直ここは微妙!と思った点を正直にお話します。

  • 最新作はラインナップにない
  • 漫画やラノベは全巻読めない
  • 本の当たり外れが激しい
  • ダウンロードしておける冊数が10冊と少ない
  • ラインナップの変動が激しい
  • 検索しにくい

こちらも詳しく見ていきましょう。

最新作はラインナップにない

SNSで話題の本とか、本屋で平積みされているような最新の本はKindle Unlimitedには入っていません。

やはり最新作がほしい場合は別途購入する必要があります。

 

最新の本が読みたい!と考えている人はがっかりするかもしれませんね。

漫画やラノベは全巻読めない

漫画やラノベも読み放題に入っていますが、読めるのはシリーズ最初の数巻だけという場合が大半です。

 

例えば1巻は読み放題だったとしても2巻以降は別途購入しなければならない作品が多く、Kindle Unlimitedの月額料金以外の費用が必要となってしまいます。

読み放題にラインナップされてる作品だから最後まで読める!と期待していると肩透かしをくらいますね。

 

Kindle Unlimitedはあくまで作品の導入部分である数巻を試し読みできるだけ、と認識しておくのがいいでしょう。

本の当たり外れが激しい

読み放題に含まれている本は正直当たり外れが激しいです。

前述したベストセラーももちろんありますが、中には数十ページしかない上に内容は全てネットで検索すれば出てくるくらいの質量ともにペラッペラの本とかも事実存在していたり…。

Ruka
Ruka
読み放題なので例えハズレを引いても削除すれば済むことですが、タイトルと表紙だけ見てダウンロードするとびっくりするくらい薄い本だったりすることが結構あります。

ダウンロードしておける冊数が10冊と少ない

Kindle Unlimitedには手元に置いておける冊数は10冊までという限度があります。

11冊めを借りたい場合は、手元にある本のうちどれかを返却しなければ新しい本を借りることはできません。

 

使ってみると感じるのですが、10冊ってとても少ないです。

あっという間にパンパンです。

 

もちろん何かを返却さえしてしまえばいいのですが、何冊も同時読みしている場合はけっこう不便だったりしますね。

ラインナップの変動が激しい

人気作だと特に変動が激しいです。

 

昨日まで読み放題に入っていた本が今日は突然ラインナップから消えていた!ということがKindle Unlimitedではあり得るので注意が必要です。

ダウンロードさえしてしまえば仮にラインナップから消えてしまっても返却しない限りは読み放題なので、気になった本はとりあえずダウンロードしておくのがおすすめ。

 

とは言え、そんなことをし続けているとすぐ上限の10冊がきてしまうところも使いにくいなあと感じる点ですね。

Kindle UnlimitedとPrime Readingの違い

Kindle Unlimitedと似た別のサービスでPrime Readingというものもあります。

こちらも同じくAmazonが提供する電子書籍読み放題サービスです。

 

Prime ReadingはAmazonプライム会員向けのサービスで、プライム会員になれば追加料金なしで一般書籍や漫画、小説などが読み放題になります。

一見Kindle Unlimitedと変わらないですが、2つのサービスは何が違うのでしょうか。

 

結論から言うと違いは読める本の数です。

Kindle Unlimited Prime Reading
月額料金 980円 プライム会員なら追加料金なし
対象者 Amazon会員なら誰でも加入できる プライム会員のみ
冊数 和書12万冊以上、洋書120万冊以上 Kindle Unlimitedのタイトルの中から和書・洋書合わせて数百冊

 

Kindle Unlimitedが和書12万冊以上読み放題なのに対し、Prime Readingは900冊とその差は歴然。

Prime ReadingはあくまでKindle  Unlimitedの対象作品の中から厳選して少し読める、といったサービスなのでほとんどが対象外という場合が多いです。

Ruka
Ruka
Prime Readingの上位互換がKindle  Unlimitedです。

Amazonプライム会員はPrime Reading以外にも会員特典が充実していますし、その上で900冊も読み放題なら十分過ぎる恩恵だと言えますが、本好きさんにはやや物足りない印象。

満足できるラインナップなのはやはりKindle  Unlimitedの方でしょう。

Kindle Unlimitedに向いている人

では最後にメリットとデメリットを踏まえた上でKindle Unlimitedがおすすめな人を紹介します。

  • ビジネス書や実用書、小説が読みたい人
  • 1,000円以上の本をよく読む人
  • ジャンルに拘らず幅広い作品を読みたい人
  • 電子書籍で本を購入することが多い人

こちらも簡単に解説します。

ビジネス書や実用書、小説が読みたい人

Kindle Unlimitedはビジネス書、実用書、小説の取り扱いが多いのでこれらのジャンルをメインに読みたい方にはおすすめです。

 

しかし、逆に漫画、雑誌の取り扱いは少ないのでこれらをメインに読みたいと考えている方は

  • 雑誌なら「楽天マガジン」「dマガジン」
  • 漫画なら「コミックシーモア読み放題」

上記のような別の特化型の電子書籍サービスを選んだ方がいいでしょう。

1,000円以上の本をよく読む人

大型本や専門書などは普通に1冊2,000~3,000円と比較的高価ですが、Kindle Unlimitedに1冊でも目的に沿った本があれば大幅なコストカットにも繋がってお得です。

こういう値段の張る実用書も980円で読み放題なのですごくコスパがいいです。

 

Kindle Unlimiedは独学で色々学びたい方の強い味方となってくれるでしょう。

ジャンルに拘らず幅広い作品を読みたい人

Kindle Unlimitedは読み放題のジャンルが豊富なので限定せずに様々なジャンルの本を読んでみたい方にもおすすめです。

これまで触れてこなかったジャンルの本に気兼ねなく手を出せるのも読み放題だからできること。

ジャンルの新規開拓を980円で試せるのはかなりお得ですね。

電子書籍で本を購入することが多い人

ジャンルにもよりますが普段からKindleストアを利用することが多い人は通常購入するよりもKindle Unlimitedを利用した方がお得に本を読める可能性は高いです。

 

ただ、デメリットでもお話ししましたがKindle Unlimitedに最新作は含まれないので普段購入する本が最新作の方は残念ながら都度購入するしか方法はありません。

新作にはこだわらず毎月何冊も本を読む方なら都度購入するよりもKindle Unlimitedを利用した方が圧倒的に安く済みます。

【最後に】

ということで今回はKindle Unlimitedが本当にお得か否かを利用3年目の私が本音でレビューさせて頂きました。

 

本記事の内容を再度まとめると、

実用書やビジネス書、小説などジャンルに拘らず幅広く読書をする人は間違いなくお得です。契約して損はありません。

 

一方で幅広い取り扱いジャンルゆえ、漫画、雑誌、ラノベ、最新作のラインナップは薄め。

よって

読みたいジャンルが決まっている場合は別の特化型サービスを選ぶのがおすすめです。

 

Kindle Unlimitedは30日間無料トライアルができるので本契約する前に一度体験してみるのもいいですね。

期間内に解約すれば30日間完全無料で読書を楽しめます。

使用感が気になる方はぜひ試してみて下さい♪

Kindle Unlimitedを30日間無料で試してみる
↑↑公式ページはこちらから↑↑

 

それでは今回は以上です。