エンタメ

【ネタバレあり】魔法騎士レイアースのあらすじ・魅力を徹底解説!

この記事では魔法騎士レイアースの原作、アニメその他関連作品のネタバレを含みます。

こんにちは、Rukaです。

皆さんは『魔法騎士レイアース』という漫画をご存知でしょうか。

1993年に月刊少女漫画誌『なかよし』で連載がスタートし、その後アニメ化・ゲーム化・OVA化と幅広くメディア展開された大ヒット漫画です。

作者はあの超人気女性漫画家グループの『CLAMP』。『カードキャプターさくら』や『XXXHOLiC』などの作者さんであり、『コードギアス』のキャラクターデザイン原案も手掛けられている方々です。

 

当時爆発的な人気を誇ったレイアースですが、20年以上前の作品になりますので

リアルタイムで見たことがない

キャラは知ってるけどストーリーまでは…

という方も残念ながら多いのではないでしょうか。(そんな私も実は大人になってからストーリーを知った人間でして)

 

そこでこの記事では、今から知っても遅くない!なんなら大人になったからこそ読んでほしい!魔法騎士レイアースの魅力をネタバレてんこ盛りで徹底的に解説していきます!

 

この記事はレイアース第1部と第2部の冒頭を解説したものになります。レイアースの最終回まで詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【ネタバレあり】魔法騎士レイアースの結末は?最終回まで一気に解説! この記事では魔法騎士レイアースの原作、アニメその他関連作品のネタバレを含みます。未読の方で結末を知りたくない方はご注意下さい。 ...

【レイアースの魅力1】まずはざっくり「あらすじ」から

レイアースの原作は1部と2部に分かれており、各3巻ずつの全6巻。意外と連載期間が短いですよね。

物語の雰囲気は剣と魔法のファンタジー的なまさにTHEロールプレイングゲームの世界観です。

1993年、社会科見学の一環として東京タワーに訪れていた『獅童 光』『龍咲 海』『鳳凰寺 風』の3人は、ぞれぞれ別々の学校に通う中学2年生。

偶然東京タワーで出会った3人は突如としてまばゆい光に包まれ、窓の外にお姫様のような女の子の幻影を見ます。

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第1巻より ©CLAMP/講談社

「この『世界』を助けて……」
「伝説の 魔法騎士(マジックナイト)たちよ」

 

その言葉が聞こえた直後、3人は『地球』とは全く別の異世界『セフィーロ』に招喚されていたのです。

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第1巻より ©CLAMP/講談社

 

セフィーロで最初に出会った導師『クレフ』は彼女たちに伝えます。「『魔法騎士』となり、この世界を救ってほしい」と。

光たち3人が東京タワーで見た女の子の幻影エメロード姫はこの世界の『柱』と呼ばれる存在。

これまでは柱である彼女がセフィーロを愛し祈りをささげることで平和と秩序が保たれ、皆が幸せに生き、人や精霊・精獣たちが共に仲良く暮らしていましたが、神官『ザガート』の手によってエメロード姫が捕らわれてしまって以来セフィーロは魔物の闊歩する混沌の世界へと変貌してしまったのです。

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第1巻より ©CLAMP/講談社

突然のことに戸惑う3人でしたが、魔法騎士となってエメロード姫とセフィーロを救う旅に出る決意をします。

 

目的は魔法騎士となって、ザガートを倒すこと。

 

そうすればきっと、セフィーロの人もエメロード姫も喜んでくれる――――そう、信じていたはずなのに。待ち受けていた本当の結末とは。

【レイアースの魅力2】個性豊かなキャラクター

ここではレイアースに登場する個性的な魅力で溢れるキャラクターをご紹介します。

獅童 光

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第1巻より ©CLAMP/講談社

本作のヒロインの一人で女子中に通う中学2年生。3人のヒロインの中でも特に主人公的な存在です。明るく元気でやや少年っぽさのある女の子で、145㎝という小柄な身長から実年齢よりも幼く見られがち。

困っている人を放っておけない性格で、誰よりも真っ先に魔法騎士になってセフィーロを救う意思を示しました。海曰くいわゆる『熱血少女』。心の強さは随一。

 

実家が剣道道場を営んでおり幼い頃から剣道を習っていたため剣の扱いが上手。幼稚園児だった時点で剣道で父親を負かしていおり、そのショックから父親は修行の旅に出ていて不在。3人の兄に溺愛されながら愛犬の閃光と共に暮らしていました。

運動神経も3人の中で一番良く魔法騎士になる以前から戦闘に対するポテンシャルは高かったようです。

 

学年問わずの人気者で、愛犬の閃光と生活をしていることもあって動物と意思疎通をはかることも可能。後述するモコナと一緒に行動していることも多いです。

イメージカラーは『赤』で、クレフから授けられた魔法により炎タイプの魔法を会得します。

龍咲 海

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第1巻より ©CLAMP/講談社

本作のヒロインの一人。財閥や政治家の娘が通うお嬢様学校の中学2年生。万年新婚夫婦のようなラブラブ美形両親の下で暮らしていました。3人の中で一番長身。

モデルのようなスタイルの良さとアイドル顔負けの美人ですが作中では比較的コメディリリーフ的な存在でもあります(一番顔芸が凄い)。

気が強い性格で思ったことを口に出すことも多く一見失礼な子に思われがちですが、根は優しく誰よりも仲間想い。旅の途中で対峙したザガート一派の『アスコット』を叱責し改心させたことで2部からはアスコットに想いを寄せられるようになりますが本人は全く気付いていません。

 

学校ではフェンシング部に所属しており、彼女もまた剣の扱いは招喚以前より長けているご様子。セフィーロでの愛剣は細身の剣で、フェンシングのそれを彷彿とさせます。

イメージカラーは『青』でクレフから授けられた魔法は水タイプ。

鳳凰寺 風

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第1巻より ©CLAMP/講談社

彼女もまた本作のヒロインの一人で、有名な名門私立中学校に通っている中学2年生。

いつも笑顔でおっとりした真面目な性格、お嬢様口調で話す優しい雰囲気の彼女ですが、頭の回転が速く洞察力も優れているので敵との戦闘シーンでは策士としても活躍します。

風のイメージカラーは『緑』でクレフから授けられた魔法は風タイプ。攻撃特化型の光・海に対して唯一回復魔法や防御魔法を使えるので、戦闘では頼りになるサポート役の一面を見せることも。

 

学校では弓道部に所属している為セフィーロに招喚されてからしばらくは弓を使って戦っていましたが、物語の中盤で武器を作ってもらって以降の戦闘では剣を使って戦うようになりました。

 

ちなみに後述の剣士『フェリオ』とは恋愛フラグの立つキャラでもあります。

モコナ

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース2』第2巻より ©CLAMP/講談社

白くてよく弾む、ふわふわした謎の生き物。魔法騎士たちの旅を導く水先案内人です。

クレフがエメロード姫から受け取り、その後は後述の『プレセア』の元へ託されました。

 

旅の道案内をしてくれるものの人間の言葉を話すことはなく基本的には「ぷぅ」という鳴き声(?)のみ。動物と意思疎通ができる光はなんとなくモコナの言っていることを理解しているようで、2人がセットで描かれることも多いです。

額の飾りからは旅に必要なものを出してくれたり、遠く離れた仲間と通信できる便利な機能を備えています。

 

実はこのモコナ。アニメでは語られませんが原作の終盤では驚くべき正体が明かされるのです。

エメロード

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第1巻より ©CLAMP/講談社

セフィーロの『』である女性。波打つ長い金色の髪が特徴で幼い少女のような見た目をしていますが、実はかなりの長寿者。

『意志』の強さが何よりも勝るセフィーロは柱の存在なくして成り立たず、まさにセフィーロそのものといっても過言ではない存在。これまで平和の均衡が保たれていたのは彼女が祈りでこの世界を支えていたからでした。

一見すると柱はこの国の全ての実権を握れる絶対的な存在であるようにも思えますが、柱はただひたすらセフィーロを愛することだけを求められ、生前退位や自死することも許されません。

少しでも心が揺らぐことがあればセフィーロは崩壊へ向かってしまうのです。

 

たった一人を愛し、その人の幸せを願うことも許されず、セフィーロの平和の為に柱本人の心の自由は許されない―――まさに平和の為の生贄とも呼べる存在がエメロード姫=柱なのです。

クレフ

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第1巻より ©CLAMP/講談社

魔法騎士たちがセフィーロに招喚された時最初に出会った人物。この世界で最高位の導師(グル)―――いわば、最も位の高い魔法使いです。

145㎝の光よりも小柄な為ものすごく若く見られがちですが、実は745歳の年長者。海いわく「若作りで許される限度を超えている。」

やや短気な性格ですが最高位の魔法使いとしての力は本物で、光たちに魔法を授けてくれただけでなく強力な攻撃魔法、防御魔法、聖獣招喚魔法を使用することが可能。後述の『ザガート』『ランティス』の師匠でもあります。

 

クレフが最初に魔法騎士たちに伝えた、「この世界を救ってほしい」という言葉。

その言葉の本当の意味、魔法騎士たちが異世界から呼ばれた真の理由―――それを伝えることができなかったことに彼は罪の意識を感じていました。

プレセア

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第1巻より ©CLAMP/講談社

セフィーロで最高位の創師(ファル)。武器職人ですね。一つにまとめた長い金髪が特徴的。

沈黙の森に家を建て、クレフから託されたモコナと共に暮らしていました。

趣味は折檻。すべて未遂に終わっていますが、いたずら好きのモコナの耳がどこまで伸びるか引っ張ってみようと考えたり、逆さまにして家の扉に吊るしておこうとしたりなどなど過激スタイル。自分に酔ってしまうと人の話を聞かなくなり、妄想の世界で遊ぶ癖がある人。

しかし最高位の武器職人としての実力は確かなもので、魔法騎士の武器を作るのに必要な伝説の鉱物『エスクード』を用いて光たち3人に成長する武器を授けました。

フェリオ

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第1巻より ©CLAMP/講談社

エスクードを探し沈黙の森に入った時に光たちが出会った美少年剣士。緑色の髪、鼻と頬の傷、そして背丈ほどもある大きな剣を持っているのが特徴のキャラクター。

実はエメロード姫の弟(エメロード姫が長寿者なので、相当年の離れた姉弟なのかフェリオも長寿者なのか…セフィーロの人間の寿命は定かではありません)。

耳にはリング型の金色のピアスをしています。

 

原作では沈黙の森以降の登場は2部までありませんが、アニメ版では頻繁に登場し光たちの助けになってくれます。

沈黙の森を抜けたのち、ザガート一派の『アルシオーネ』に襲われた魔法騎士たちはピンチに陥りました。

しかし「これは自分たちの戦いだから」と風は言い切り、フェリオに助けを求めなかったことがきっかけで彼女の意志の強さに惚れ、別れの際に「いつか大切な人ができたら差し上げなさい」とエメロード姫から言われていたリング型ピアスの片方を風に贈ります。

ザガート

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第1巻より ©CLAMP/講談社

クレフの弟子の一人で、エメロード姫の祈りを補佐する神官(ソル)だった人物。

黒装束に身を包み、床まである長い髪を毛先近くでまとめた髪型が特徴の男性キャラ。本来は思慮深く穏やかな人物でしたが、とある強い想いから魔法騎士を抹殺しようと刺客を送り込むようになります。

当初はセフィーロの支配が目的だと思われており、魔法騎士や登場人物のほとんどがそう考えていましたが、ザガート本人には「セフィーロより大切なものがある」らしく、真の目的はセフィーロの支配ではないことが物語中盤で明かされます。

ランティス

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース2』第1巻より ©CLAMP/講談社

2部から登場する、ザガートの弟。彼もまたクレフの弟子の一人。強い魔力高い剣術を兼ね備えたセフィーロ唯一の魔法剣士(カイル)。容姿と声が兄ザガートと瓜二つという設定ですがこちらは短髪。

元々は兄と共にエメロード姫の補佐をしていましたが、人柱とも言えるべき『柱制度』に疑問を持ったことで突如としてセフィーロから姿を消しました。

プリメーラ』という女の子の妖精を連れています。ランティスと幸せな未来を夢見ているプリメーラからすると、ランティスと惹かれ合う光は恋敵と認識している模様。

イーグル

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース2』第1巻より ©CLAMP/講談社

2部から登場する他国『オートザム』の最高指揮官(コマンダー)であり、ファイター。ランティスと親しい人。

普段はのんびりとした大人しい性格で会議中に眠ったり何もないところで転んだりと少々抜けたところのある性格ですが、戦闘となると冷徹な一面を覗かせます。

自国オートザムは高度に機械化された近未来都市ですが環境汚染が非常に深刻化しており、それを食い止める為にセフィーロの柱システムを解明しようとイーグルはセフィーロへの侵攻を目論みます。

【レイアースの魅力3】衝撃のストーリーをネタバレ!

ここからは詳しくレイアースの物語をネタバレしますので、キャラクター紹介以外知りたくない!という方はご注意下さいね!

レイアースは正義の主人公が敵を倒すただの勧善懲悪ではない奥深い物語なんです。

魔法騎士が招喚された本当の理由

魔法騎士たちは各所に立ちはだかる困難を乗り越え、セフィーロの各地に眠っていた魔神を蘇らせ、そしてついに見事ザガートを倒すことができました。

これで自分たちは元の世界に帰れる、エメロード姫にも喜んでもらえる――――そう思っていました。

しかし、彼女たちがザガートを倒したその矢先、突如として豹変したエメロード姫がザガートを死の淵に追いやった魔法騎士を抹殺すべく襲い掛かってきたのです。

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第3巻より ©CLAMP/講談社

エメロード姫はこのセフィーロを救う為、魔法騎士を招喚しました。

 

だから、諸悪の根源であるはずのザガートを倒せば世界は救われるのでは?

ザガートがエメロード姫を幽閉したから姫はセフィーロの為に祈れなくなり、この世界は魔物が徘徊する不安定な世界に変貌してしまったのではなかったのか?

 

戸惑う3人の前に、わずかに残っていた柱としてのエメロード姫の思念が残酷なその真実を告げます。

セフィーロが混沌の地と変貌してしまった本当の理由は、ザガートのせいではない。

 

エメロード姫がザガートただ一人を愛してしまったがゆえに世界の安定と幸福を願えなくなったから

 

なのだと。

セフィーロは『心』が全てを決める世界。柱はその世界の安定と幸せのみを祈り続けなければならない存在です。

しかしザガートを愛してしまったエメロード姫は、次第に世界や万人の幸せよりもザガートのことを想うようになってしまった――――その結果が、セフィーロ荒廃の原因だと彼女は伝えます。

 

エメロード姫はザガートに幽閉されていたのではなく、柱としての責務を全うすべく自らを戒める為自ら水の牢やに居たのです。

そうやってザガートに会わなければきっと彼のことを忘れられる、また柱として世界平和を祈り続けられるはず――――そう考えていましたが、それはできませんでした。

 

柱がセフィーロの安定を願えなくなった以上、この世界は崩壊へと向かう一方です。しかし、柱は生前退位はもちろん自ら死ぬこともできずセフィーロの者は柱に危害を加えることすらできません。

 

だからこそ『柱』は他の誰にも使えない、『異世界』から招喚した騎士に、自分を殺してもらう為の招喚魔法を所持していました。

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第3巻より ©CLAMP/講談社

すなわち魔法騎士である3人が異世界から招喚された本当の理由は、本来の守護者としての務め果たせず世界を脅かす存在になってしまった『柱』を討ち取る為だったのです。

ザガートの目的とエメロード姫の関係が泣ける

そしてザガートもまた、エメロード姫のことを愛していました。

愛していたからこそ、この国の柱制度に疑問を持っていたのです。セフィーロの柱は自由もなく、ただこの世界の安定のみを祈り続ける存在。どうしてエメロード姫だけがセフィーロの為に祈り続けなければならないのだろうかと。

どうして彼女だけが、『柱』という枷をはめられ生き続けなければならないのかと。

 

愛するエメロード姫に、どうか自由に生きて欲しい。

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第3巻より ©CLAMP/講談社

それがザガートの願いでした。

しかし、ザガートはエメロード姫が己の『心』ままに生きようとはしないだろうことを最初から分かっていたんですね。

どんなに彼女に心のまま自由に生きて欲しいと願っても、この国の人たちが不幸になることが分かっているのに自分だけ幸せになることをエメロード姫が望むことはありませんでした。

 

それでも、ザガートもまた自分の願いの為に戦わずにはいられなかったのです。

どんなに愛し合っていても、2人の願いは決して相いれないものであり、お互い心の強さゆえに自分を偽ることもできない。

柱が世界の守護者である今のセフィーロでは、ザガートとエメロード姫2人の願いを同時に叶えることはできませんでした。

魔法騎士はエメロード姫の願いを受け入れたのか

自分たちがセフィーロに招喚された真の目的を知ってしまった3人は戸惑いを隠せません。

ザガートを殺された憎しみでこの世界の消滅を願ってしまう前に、自分を殺してほしい。

そして、これからはザガートのことだけを想っていられるように、ずっと二人でいられるように。自分もザガートのところへ行かせてほしい―――エメロード姫の強い願いを知った魔法騎士の3人は、戸惑い、迷いながらも強力な合体魔法により復讐鬼と化してしまったエメロードを討ち取ります。

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース』第3巻より ©CLAMP/講談社

残酷な使命を果たした3人は突如眩い光に包まれ、元の世界、東京タワーへと帰還していたのでした。

この悲しい結末に3人は抱き合いながら「こんなのってないよ!」と泣き叫ぶシーンで第1部は終了します。初めてこのシーンを見た時は衝撃を受けました。

再度セフィーロへ召喚される魔法騎士

第2部は光たち3人が東京へ戻って数ヵ月後から始まります。

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース2』第1巻より ©CLAMP/講談社

社会科見学で東京タワーへ行ってから、どことなく元気のない光、海、風。

「もう一度セフィーロへ行って、自分たちができることをしたい。」

そんな3人の強い願いから彼女たちは再びセフィーロへと招喚されましたが、エメロード姫という『柱』を失ったセフィーロは地形が変形し崩壊の一途を辿っており、さらには『柱』の座をめぐりイーグル率いる『オートザム』を筆頭に他国軍からの侵略を余儀なくされていました。

 

それぞれの思惑があり侵攻してくる他国からセフィーロを守り、新しいセフィーロを平和な世界へと導く『柱』を一刻も早く新たな柱を見つけなければ、この国は消滅してしまいます。

画像引用元⇒『魔法騎士レイアース2』第2巻より ©CLAMP/講談社

セフィーロが永久に失われてしまったら、この国に住む人たちはどうなってしまうのか。しかし新しい『柱』が誕生したら、またあの悲しい戦いが繰り返されてしまうかもしれない――――

そして、柱亡きセフィーロで一体誰が魔法騎士を招喚したのか。

セフィーロの為に、そして自分たちの気持ちに決着をつける為に。3人は再度、戦いの中に身を投じるのでした。

【レイアースの魅力4】誰もが聞いたアニメのオープニング曲

アニメ版魔法騎士レイアースのオープニング曲『ゆずれない願い』。この曲って、レイアースの主題歌だったの!?とアニメは見ていなくても聴いたことのある方は多いはず。

歌っているのはシンガーソングライターの田村直美さんで、累計売上枚数は120万枚を超えるという大ヒットを記録しました。この曲は田村さんの代表曲の一つとなり、1995年には紅白歌合戦にも出場されました。

この曲を聴いたら懐かしさのあまり泣きそうになるのは私だけでしょうか…。

レイアースのアニメを最終話まで無料視聴する方法

懐かしいレイアースのアニメを最終話まで見てみたい方はU-NEXTの無料体験がおすすめです!

U-NEXTの無料体験に登録すると、登録日から31日間は無料で視聴することが可能です。

さらに無料トライアル期間に解約をすれば一切料金は発生しません(1日でも期間を過ぎると自動的に有料会員へ移行してしまいますので、無料で楽しみたい方は必ず期間内の解約を!)。

下記のボタンから無料トライアルページに進むことができます。

U-NEXTの31日間無料トライアルを試してみる

最後に

ということで『魔法騎士レイアース』という作品の奥深さを熱く語ってきましたがいかがだったでしょうか。

この作品を「いや、言っても少女向け漫画だしなあ…」と読まずに終わるのは非常に勿体ないと私は思っています。

正義のヒーローが悪を倒す、勧善懲悪のストーリーもスカッとして好きです。しかしレイアースはそうではない。某有名なキャラの名言である「『正義』の反対は悪なんかじゃない。正義の反対は『また別の正義』だ。」レイアースはまさにこれだと。

世界平和の象徴たるお姫様を幽閉した悪者ザガート。正義のヒロイン魔法騎士が世界征服を目論むザガートを倒してお姫様を助けちゃおう!この世界を救っちゃおう!初めてレイアースに触れた時、単純にそういうストーリーなんだと思っていました。が、読み進めて受けたその衝撃たるや…。

悪役(とばかり思っていた)と助けを求めていたお姫様が実は愛し合っていたなんて!そしてこの世界に呼ばれた本当の理由が自ら死ねないお姫様を殺すことだったなんて!

このセフィーロという世界は『柱』の意志が全てで、柱がこの国の人を守ってくれるけど、その柱自身の心は一体誰が守ってくれるの?皆が幸せなら、一人の幸せなんてどうでもいいの?この柱制度、間違ってるんじゃない?

と、読んでいてめちゃくちゃ考えさせられる作品です。

今回この記事でレイアースのあらすじをネタバレを含み解説させて頂きましたので、未読の方に興味をもって頂けたら幸いです。

それではまた!