ブログ運営

【商用利用可】無料・著作権フリー写真Unsplash(アンスプラッシュ)の使い方を解説

ブログの記事を書く上で写真は必要不可欠です。

本記事では高画質でおしゃれな写真を簡単にダウンロードできるサイト【Unsplash】について解説します。

  • Unsplashは本当に無料なの?
  • 商用利用はできる?
  • 写真の加工は?
  • 勝手に使って著作権の侵害にはならないの?

このような情報をまとめましたのでUnsplashを利用してみたい方はぜひ最後までご覧下さい!

Unsplashとは


https://unsplash.com/

Unsplashは無料かつ著作権フリーな写真を提供してくれる素材サイトです。

煩わしい会員登録1日の検索回数制限などもないので好きなだけ自由に写真を探すことができます。

Ruka
Ruka
ダウンロードの際に広告を見なければならなかったり、アンケートに答えるなどの必要もありません!

私も一番利用させて頂いてるサイトです!

40万点以上の高画質でおしゃれな写真が揃っているので必ず欲しい写真が見つかりますよ!

Unsplashの使い方

無料で写真をダウンロードできるUnsplashですが、使用の際には必ずルールを守る必要があります。

本項ではUnplashでできること禁止事項を解説します。

Unsplashでできること

  • 無料で使用可
  • 使用許可やクレジット表記は不要
  • ダウンロードした写真は加工可
  • 商用利用可

基本的にUnsplashでダウンロードした写真は即記事に使ってOKです。

著作権フリーなので使用許可を得たり、クレジット表記を入れる必要もありません。

また、加工もOKなのでアイキャッチに使用する場合の文字入れ、明るさの変更、サイズの変更なども行って大丈夫です。

というか下記でお話ししますが、Unsplashの写真は基本デカいのでほぼ確実に加工する必要が出てきます笑

Unsplashの禁止事項

  • 写真を大幅に改変することなく販売する行為
  • Unsplashの写真を使って競合するサービスを複製する
  • 違法目的、あるいは公序良俗に反するサイトでの使用

禁止事項とは言っても基本的なものばかりです。

普通にブログで写真を使う分にはほとんど影響のない内容なので過度に心配する必要はないでしょう。

Unsplashのメリット

私がUnsplashを使ってみて良かった点は以下の通りです。

  • 写真が高画質で安定している
  • 写真の数が多く、検索機能も使いやすい
  • 会員登録や検索回数制限がない

一つずつ見ていきましょう。

写真の画質が安定している

Unsplashの写真はどれをダウンロードしても高画質で安定しているのでハズレがありません。

これ本当に無料で大丈夫なんだよね?と別の心配をしてしまう人もいるのではないでしょうか?

 

風景や街並みはもちろん、食べ物、人物、インテリア、旅行、ビジネス関連の写真も豊富に揃っているのでアイキャッチ画像を探すのにとても便利です。

https://unsplash.com/

Ruka
Ruka
こんな感じの写真がズラリと出てきます!どれも可愛い!おしゃれ!美味しそう!!!全部使いたくなりますね!

写真の数が多く、検索機能も使いやすい

Unsplashには40万点以上の大量の写真が掲載されているのも魅力です。

それらの写真も分かりやすくカテゴリー分けされているので目的の写真を見つけるのも簡単。

 

さらに個人的にイチオシなのは『Visual Search』(類似画像検索)です。

Visual Searchは手元にある写真と似たような無料写真を探しているけど、なんて検索していいのか分からないという時に便利な機能です。

https://unsplash.com/

検索の仕方はとても簡単。

画像の①の部分をクリックして、②をクリックすると手持ちの写真が表示されます。

その後検索したいものを選ぶだけでOK。

会員登録や検索回数制限がない

無料写真素材サイトを利用するにはほとんどの場合で会員登録をする必要があります。

今すぐ写真を使いたい時に会員登録を迫られると正直面倒くさくないですか?

 

近年ではどのサービスを利用するにも大概アカウントの発行が求められるので、なるべくならこれ以上アカウントを増やしたくないなあと思うのが本音です。

(ガチめに所有しているアカウント100超えてる)

その点Unsplashは会員登録なしで即検索&ダウンロードに入れるので、個人情報の入力に抵抗がある方やアカウントを増やしたくない人にとっても利用しやすくなっています。

 

また、無料サイトだと1日の検索回数に制限をかけているところも。

検索は相手のサーバーに負荷をかけてしまうため仕方のないことではありますが、実際に検索しているとあっという間に回数オーバーになってしまいます。

Unsplashには(2022年4月現在)検索回数の制限もないので好きなだけ写真を検索し、ダウンロードすることが可能なんです。

Ruka
Ruka
私がUnsplashをどこよりも一番利用する最大の理由がこの会員登録不要&検索回数制限なしという点です。

煩わしさ0なので本当に快適に利用できますよ!

Unsplashのデメリット

メリットがかなり多いUnsplashですが、実はいくつかデメリットも存在します。

Unsplashを利用する前に確認しておきましょう。

  • 海外サイトなので検索は英語
  • 利用者が多いのでめちゃくちゃ被る
  • 写真のサイズが統一されていない

こちらも一つずつ解説します。

海外サイトなので検索は英語

Unsplashは海外サイトです。

よって写真を検索する時も必然的に日本語ではなく英語を使用することになります。

日本語で検索しても表示される写真もありますが、英語で検索した場合に比べて圧倒的に数が少ないです。

英語に拒否反応が出てしまう人はこの点かなり抵抗があるかもしれませんね。

 

ただ、英語で検索といっても難しく考える必要はなく、簡単な単語を入れるだけでも十分検索は可能です。

カテゴリー分けもされていますし、類似画像検索機能もあります。

どうしても単語が分からなければGoogle翻訳などのサービスを利用すればOK。

この点ワンクッション置くことになり二度手間と感じるかもしれませんが、あのハイクオリティな写真を使えるなら全然アリかな?と私は思ってます。

利用者が多いのでめちゃくちゃ被る

Unsplashは利用者も多いのでとにかく写真がダダ被りします!

何気なくネットサーフィンをしているだけで自分がダウンロードした写真と同じアイキャッチに遭遇したりします。

これはどうにもならないので諦めるしかないですね……。

 

絶対に他人と被りたくないなら有料サービスを利用、あるいは自前で写真を用意する必要が出てきます。

ただ、自前でなかなかUnsplashのようなレベルの写真を毎回用意するのは無理があるのでやはり多少の写真被りは仕方ないでしょう。

写真のサイズが統一されていない

Unsplashで検索してみると分かりますが、写真のサイズは統一されていないので注意が必要です。

 

Unsplashの写真をブログで使用する際は自分で一度加工する必要があります。

無加工でそのままアイキャッチに使用してしまうとサイズに統一感がなく、見栄えがあまりよくありません。

また高画質ゆえ写真自体も重く、そのまま使用すればブログの表示も遅くなってしまいます。

なので加工は必須ですね。

 

一手間加えなければならない点は不便に感じるかもしれませんが、WordPressを利用している方なら便利なプラグインもありますし、そもそもWordPress上でも画像の編集は可能です。

Ruka
Ruka
私はいつも大きすぎる写真はWordPress上でサイズ編集してますよ〜!

簡単にできるのでこの点はあまり問題ではないでしょう。

【最後に】写真は正しく利用しよう!

ということで今回は無料でハイクオリティな写真をダウンロードできるUnsplashについて解説しました。

ブログで使用する画像を毎回自分で1から作るのはめちゃくちゃ大変なことですが、Unsplashを利用すれば時間短縮にもなりますね。

 

ルールの範囲内で正しく利用し、快適なブログ生活を送って下さい♪