CULTURE

【FF7リバース】ゲームプレイ日記(感想)part6/コレルプリズン~超展開ゴンガガ

本サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介している場合があります

本記事では『FINAL FANTASY VII REBIRTH 生配信及び動画・画像投稿に関するガイドライン 』に基づき、規定の範囲内でゲームのスクリーンショットを掲載しております。

掲載している画像の著作権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を目的とするものではありません。

この記事ではFAINAL FANTASYⅦ REBIRTH及び関連作品のネタバレを含みます。FFⅦ作品全てにおいて未プレイの方はご注意願います。

6回目のプレイ日記です。

今回はゴンガガまでストーリーを進めましたが、ゴンガガやべえわ!もうめちゃくちゃ内容濃くなってるし原作とも全然違う!

と言うことで6回目はかなり長い記事となりそうです。

お時間ある方、ぜひ最後までよろしくどうぞ!!!

5回目はこっち。

荒くれ者の町コレルプリズン

コレルプリズンでの行動はクラウド単独。

他の仲間はクラウドがチョコボレースで優勝し戻ってくるまでの人質()として牢にぶち込まれてしまいました。

ここで疲れて元気のないチョコボのために野菜を集めるお使いクエスト開始。

Ruka

ごめんけど、これけっこうダルいやつ、、、

全部で6つくらいクエストあったけど最低限必要な3つだけクリアしてチョコボレースに向かいました。

余った野菜はチョコボの装飾アイテムと交換できます。

にしてもスクエニパイセン、ギャグ路線のキャラ濃いめ悪役出すの好きだよねww

ロンリー・ゲスのキャラ強すぎて話入ってこないしなんでチョコボレース参加させられてたのか忘れたもんなww

チョコボレースに出場

もう何度目??リバース恒例の強制ミニゲームタイムですよ〜!

ヤダ、モブのレース出場者たちみんなチョコボにオシャレさせてるじゃない、、、!!私のチョコボだけ何の装備もさせてない!全裸で出場とか恥ずかしい///

チョコボレースはほぼマリ⚪︎カートでした。

マリカは得意なので難なく優勝できたし楽しかった!さて、ロンリー・ゲスから教えてもらった抜け道を通って地上に戻りますよ。

バレット、ダインと再会

地上ではバレットと親友のダインによる一騎打ちが始まりました。

2人のエピソードが悲しすぎて泣いた。

コレル村が神羅に襲われた4年前にダインは亡くなったと思っていたバレット。

しかし生きてはいたものの、ダインはもはやバレットの知っているダインではなくなっていました。

完全に精神がおかしくなっておりいわゆる闇落ち状態。

すでにこの世にいない家族の幻影を追い求め、妻も娘もいなくなった世界に何の未練もないはずなのに死にたくても死ねないと苦しむダインの姿があまりに悲しくて苦しいシーンでした。

Ruka

結末もいわゆるバッドエンド

娘のマリンだけはまだ生きている事実をもっと早く知っていればダインも救われたのかな。

でも知る方法はなかったわけだし結局闇落ちは避けられないのか。

にしても悲しすぎたなあ、、、ストーリーに見入ってしまったけども。

ケット・シーが仲間に

ゴールドソーサーの園長ディオからバギーをもらって砂漠から脱出することに。

ケット・シーもゴールドソーサーからナチュラルについてきてていつの間にかパーティーin。

原作とは違い、リバースでは最初から仲間たちから(主にバレット)小型の盗聴器でもついてるんじゃないか?とスパイ扱いされてるケットさん。

バレット:「神羅のイヌめ!」
ケット・シー:「猫ですぅ〜〜」
バレット:「猫ですか〜〜」

Ruka

このくだり可愛すぎたwww

ケット・シーが原作の古代種の神殿で犠牲必至のパズルを解きに行くシーンに泣いた記憶があるんですがリバースではどうなってるんだろう。

あるのかな??

迷いの森ゴンガガエリア

迷った。ゴンガガエリア死ぬほど迷いました。

何だここは!迷いの森か??ディープジャングルなのか!!??

まずゴンガガの森からゴンガガ村までで迷い、村から魔晄炉までも迷い、ついでに魔晄炉内でも迷った。

ザックス、こんなアマゾンみたいなところで育ったんだな、、、そりゃジェノバ細胞云々以前から身体能力も高くなるわ。ソルジャークラス1stの素質あるわ。

原作だと確かゴンガガってゲーム進行上は寄っても寄らなくてもどっちでもOKみたいな立ち位置の村だったような。

まあ、今作ザックスを登場させちゃってるんでゴンガガを避けては通れなくなってるんですね。

シスネ登場

遭難一歩手前で村に到着すると、登場したのがシスネ!!

Ruka

いやめっちゃかわいい〜〜〜!!!

CCでリミット技発動した時の「ザックスなら勝てる!」が耳に残ってるな〜。

シスネ、タークス抜けてザックスの故郷で青年団の団長になってたのか、、、。

クラウドを見るや否や、エアリス同様シスネもすぐザックスとクラウドの雰囲気が似てると気づく。

正直原作の頃は全然雰囲気似てなくない?って思ってたけど、公式もリメイクシリーズではより似てる感出すためなのかクラウドの行動の中にはザックスがやりそうなことを無意識に想起してるものがあるって設定にしてましたね。

エアリス、ザックスの両親に会う

ここでエアリスがザックスの両親に会うイベント発生。

あれ、これはメインストーリーに組み込まれていて強制かな??原作ではエアリスがパーティーにいれば発生するイベントだった気がするけど。

エアリスがザックスに似てると思って声をかけた男性は、なんとザックスの父だった、、、確かによく似てる!(なんなら母も似てる)。

2人は消息不明の息子のことが心配で仕方がない様子。

エアリスを見てザックスが手紙で書いてきたガールフレンドでは?と勘違いした母に対し、エアリスは「ザックス、ガールフレンド大勢いると思います」と。

おお、ザックスの女好き設定はまだ生きていたのか!

個人的にザックスはエアリス一筋!一途!みたいなのではなくて、基本女の子はみんな大好きでその中でも今はエアリスがダントツかな〜ってノリだと思ってるので。

ここで両親からザックスのことを尋ねられるクラウド。

でもやっぱり頭痛が襲ってきてザックスのことはまだ何も思い出せないのでした。

エアリスはまだザックスが好きなのか

家を後にして、エアリスはザックスの両親に話しかけてしまったことが迷惑だったのではないかと少し気にしているような感じ。

ここで強制好感度の会話が発生しますが、結局どれを選んでもストーリーは進むし、クラウドはエアリスに「そいつ(ザックス)のことまだ好きなのか」とハイパーどストレートな質問をします。

クラウドが近距離で芯を食う豪速球投げてきたからプレイヤーもエアリスも困惑!

エアリスからも「なんというまっすぐな質問」と言われる!そりゃそーだ!

そもそもこの辺り原作ではエアリスがパーティーにいなければ発生しないサブイベ扱いだったし、クラウドもエアリスがザックスを今も好きかどうかなんてもちろん聞きません。

Ruka

エアリスを外していたプレイヤーからすると原作で「そんなのあったっけ?」ってレベルのイベントですしね

今回分岐でもサブクエでもなくわざわざ本筋でこのシーンを入れたってことは、おそらくクラウドの心がエアリスに揺れている演出をしたいのかなあ?と思いました。

「きらいになる理由 ないもの」

で、結局エアリスはクラウドの問いに「そうだね」と答えます。「(ザックスのことを)嫌いになる理由がない」と。

あ〜〜〜〜……これは、これはですね!

どっちにも取れるズルいセリフ入れてきたな公式!!

これまでの流れから考えると、今現在エアリスはクラウドが好きで間違いありません。

ただね、クラウドが好きとはいえ、エアリスの言葉通り彼女が初恋のザックスを嫌いになる理由は今もないんですよ。

お互い嫌いになって離れ離れになったわけではなく、どうにもならない運命に引き裂かれただけですから。

なので、ここで「何言ってんのザックスのことはもう全然好きじゃないよ〜」って返してたとしても違うんだよな。

エアリスにとってザックスは大切な初恋の思い出ですし、そんな簡単に割り切って忘れられる人ではないでしょう。

2018年に開催された「別れの物語展」でも、エアリスは恋心がザックスからクラウドへ移りゆく様に葛藤しています。

クラウドにとってのティファがそうであるように、エアリスにとってザックスもいつまでも大切な人のままなんだと思います。

だから恋心がクラウドに移り始めていても、ザックスを「嫌いになる理由がない」がエアリスにとって今出せる一番誠実な答えだったのかと。

一方でもちろん額面通り受け取ることもできてしまいますね。

中には色んな理由でザクエアに落ち着いてほしいと願う人もいるでしょう。

そういう層は間違いなく言葉のまま受け取り、「エアリスが好きなのはクラウドじゃなくて今もザックス!」って解釈します。

Ruka

どっちにも受け取れる絶妙なセリフで公式もファンを翻弄してきやがる!

エアリスに乙女心への理解力の低さを指摘されたクラウドはおそらく後者で受け取って、「なーんだエアリスが好きなのは俺じゃなかったわ、、、」って感じでエアリスと気持ちがすれ違っちゃうパターンかな、これ。

青年よ、もっと学びたまえ!!

ゴンガガは原作とストーリーが全然違う

ゴンガガはそもそも原作の設定が薄かったのでリメイクシリーズで話を盛るには最適解な場所だったのかもしれません。

ガチで超展開だったわゴンガガ!!

魔晄炉にウェポンとフィーラー出現

ゴンガガ村に少し前からウェポンの鳴き声が聞こえるようになってたらしく、クラウドたち男子組が先行して魔晄炉へ向かうことに。

魔晄炉の炉心では巨大な渦を巻くように飛び回るフィーラーの大群が!

そこへヒュージマテリアを回収しに来たスカーレットと神羅軍が登場しバトルが始まりますが、フィーラーからセフィロスの幻影を見たクラウドは様子がおかしくなってしまい、、、。

村に残っていた女子組も魔晄炉に駆けつけますが、そのときシスネが山チョコボとワイヤーガンを貸してくれたのであっという間に到着しました。

最初から貸してくれよシスネ、、、。

おや?クラウドの様子が、、、

スカーレットと戦っていた女子たちでしたが分断されティファ単騎になってしまい、ピンチに陥ります。

助けに向かうクラウド―――……しかし、セフィロスの幻影に「怒りのまま動け」とそそのかされたことで気が狂ってしまい豹変!ああ、クラウドが殺人で快楽を覚える戦闘狂みたいになってしまっているぅ、、、!

クラウドの心が怒りや憎しみ、絶望なんかの負の感情で満たされることがセフィロスの喜びであり望みなんでしょうね。

心が黒くなればなるほどクラウドは我を忘れるっぽいし、自分の操り人形にしやすくなる―――みたいな。

Ruka

ACでもセフィロスはクラウドに絶望を贈りたがってた

目の前にいるのはティファじゃない偽者だとクラウドを翻弄し始めるセフィロス。

信じてもらおうとセフィロスにつけられた胸の傷跡を見せるティファ(カームのときも思ってたけど、これ、クラウドにティさんのメロンパン見えてるよね??)。

しかしセフィロスの声に支配されているクラウドは―――

ティファを追い詰め、魔晄炉に突き落としてしまう。

Ruka

ああああーーー!!クラウドお前何やってんだーーー!!

ティファ、ライフストリームへ

なんとか仲間のところへ戻ろうとするティファ。

が、しかし!!

1匹のウェポンがライフストリームの中へティファを引きずり込んでしまいました、、、というか、ティファのこと飲み込んだよね???これ

何が起きているんだ!?

ライフストリームの中に引きずり込まれたティファは、過去の記憶を巡ることに。

え、ティファ単独の精神世界始まった!!??これは原作ならクラウドと一緒に思い出したんじゃなかった??え、1人だけど??

ティファが巡ったのはクラウドと給水塔で約束をした記憶と、ニブル山に登って橋から落ちてしまったときの記憶。

実はあのとき男友達はみんな引き返してしまったけど、ティファを心配したクラウドだけはこっそり後ろからついてきてくれていた事実をティファはここで知ることになるわけです。

あれ、ごめんけどティファこれ誰の記憶見てるの??

これって原作ではクラウドと一緒にライフストリームに落ちてクラウドの記憶を覗いたからわかった事実であって、ティファって当時頭を強く打ったことで意識不明になりクラウドがティファを心配してたことなんて知らなかったんですよね。

ティファの男友達が言った「ティファが山に入ったのはクラウドがそそのかしたせい」なんてデタラメを村の大人たちは信じ、クラウドも言い訳しなかったからティファは今の今まで事実を知らなかった。

ティファが知らないはずの記憶をティファが見れちゃってるってのはどういうこと??これってクラウド側の記憶じゃないの?

ライフストリームは全ての生命が還る場所で、その中には膨大な知識が溢れているってこれまでの設定から考えて、落ちればもうこの星に存在する(した)生命全ての知識記憶ぜーーーんぶ見れちゃいます!ってことなんでしょうか。

だったらもうクラウド引き連れてみんなで曖昧な記憶正すためにライフストリームに落ちて正しい記憶見てきた方が話早いのでは?と思った、、、。

お前ソルジャーじゃなかったよ、ソルジャーはザックスだよ?って。

ウェポンが守ってくれてるからなのか、この後ティファは地上に生還するけど魔晄中毒にもなってない。

なら落ちた方がよくね?っていう。

精神世界の前倒しがリバースに入ったのはなぜか

まあさすがにそれは物語がつまんないからナシとして、クラウドとティファがギスギスしちゃったのは5年前のニブルヘイム事件の記憶がズレちゃってるからでしたよね。

本当はニブルヘイムに来なかったのにザックスのことをあたかも自分自身の経験かのように話すクラウドに怯えて、原作では聞けなかったけど今作では「これまでどこで何をしていたのか」ティファはクラウドにジャブを入れた。

でもクラウドは答えなかった(答えられなかった)上、セフィロスにそそのかされてティファのことを偽者なのかもなんて疑う始末。

お互い相手が本人かどうか疑いを持って信用できないでいるんだから、ギスギス解消のためにもライフストリームでまず確認すべきは5年前にセフィロスと一緒にきたソルジャーが誰だったのかだと思うんですけど、、、。

見ないんだよなあ。

そこは3作目の精神世界でやりますねってことでしょう。

じゃあなぜリバースで精神世界の一部を始めたのかといえば、メタ的に見ればティファ単独の活躍の場を広げるためではないでしょうか。

星の話がメインになる今作ではどうしても大半がセトラであるエアリスの活躍になってしまい、ティファの見せ場はほぼありません。

それが原作通りっちゃそうなんだけど、分作でそれやっちゃうとティファファンの購買意欲が削がれるので、なんとか見せ場を作る必要があった、と。

だから3作目は原作を超える設定付け足しまくりのクラウド精神世界がくると思ってる。

だってもう今作である程度ティファ単独で思い出しちゃってるし、幼馴染っていうほど仲良しじゃなかったことも忘れてない。

原作通りの精神世界だともうあんまりやることないし、、、ねえ??

星と星を脅かす悪しき者の戦い

ティファを飲み込んだウェポンは、もう一体のウェポンと共にライフストリームの中を白いフィーラーを引き連れて泳いでいます。

それぞれ肩の色が青とピンクで違うように見えるんだけど、ティファを飲み込んだのはおそらく青い方かな??

てかリバースから急に色違いフィーラー出てきたんだけど白フィーラーはウェポンの仲間なの?てことは、じゃあこのフィーラー星側ってこと??

そしたらなんか黒フィーラー引き連れてセフィロスもやってきたし腹の中にティファがいる青ポンの方を急にビシビシ攻撃してきた!!

あ、わかったこれ星と星を脅かす悪しき者の戦いなんだ!!

原作のウェポンは星の危機になると眠りから目覚めるって設定だから、星はすでにライフストリームの中で自らを守る戦いを開始してるってことですね。

白フィーラーVS黒フィーラーといえば

そういえば白(星)VS黒(悪)対決って、↓の小説でも似たようなことやってたな〜。

created by Rinker
¥1,540 (2024/04/14 23:31:08時点 楽天市場調べ-詳細)

白はエアリス(セトラ/星)、黒はセフィロス(ジェノバ/悪)。

エアリスはライフストリームの中でセフィロスの影響で憎しみに満ちた精神を浄化し続けているんだけど、

あまりにセフィロスが憎しみをばら撒き続けるもんだから、そろそろ自分だけの手に負えなくなって「どうにか地上にいるクラウドの力借りれないかな〜でもクラウド繊細だしなあ〜」って考えてるっていう。

Ruka

詳しくは小説読んでください

フィーラーの正体がそもそも何なのかわからないですが、私はライフストリームに残ってる思念体かなんかだと思ってるんですね。

リメイクでもセフィロスの思念体であるカダージュたちをフィーラーのモチーフに入れていたし、ライフストリームに落っこちて現場見てきたティファも今回「黒いフィーラーはセフィロスだと思う」って言ってたし。

黒フィーラーはセフィロス(ジェノバ)に毒されて憎しみが満ちた者たち、あるいはジェノバの思念そのものだからセフィロスに使役されてて、白フィーラーはセトラたちの思念、あるいはAC世界線のエアリスに浄化された者たちの思念体だから星と共闘してるとか??

で、今作でフィーラーと戦ってる2体のウェポンも「ピンク」と「青」って色分けしてるの、なんか意味あるのかなあと思ったり。

青ポンはティファを攻撃しないし(ティファはセトラではなく人間側だから星にとっては悪と見なされる可能性だってあるのに)むしろ守ってるって感じだし、ライフストリームのクラウド側の記憶を見せたこともメタ的にはティファの見せ場作るためだけどシナリオ的にはそうじゃないでしょ。

セフィロスとメインで戦ってるように見えるのも青。

まさか青=クラウドがモチーフとか??

じゃあピンクは、、、。

クラウドとティファ、仲直りしたの?

青ポンによって地上に返されたティファは気を失っており、シスネの家で休息を取ることに。

クラウドはさ、ちゃんとティファにごめんねしたんか!?!?

ティファが目覚めるまでずっと申し訳なさそうな顔はしてたけども、ちゃんと謝った描写あったっけな???

いくら操られてたとはいえ、ティファを偽者と疑い高所のギリまで追い詰め、挙句に斬りかかって魔晄炉に突き落としてるんだよこの人。

事実を並べるとだいぶ酷いことしてるよ??

でもティファはクラウドを一切責めず、悲しそうな素振りも見せず、ライフストリームで思い出した「クラウドはニブル山で私を助けてくれた」って事実に感謝して「ありがとう あの日のクラウドは英雄だったね」って言うんですよ。

ティファって菩薩か何かなの??私がティファの立場だったら間違いなくファイナルヘヴンかましてやりたいくらい爆ギレするけど。

Ruka

優しいんだね、、、でも、ときには相手のためにも怒ることも必要なんだよティファ

知らないはずのことを知っていたり、知っていて当然のことを知らなかったり。

ソルジャーの劣化が急速に始まったのかもしれないと、不安を吐露するクラウド。

そんなクラウドの手を握って、ティファは「クラウドは大丈夫だよ 今度は私が守るから」と伝えます。

ティファ……///(トゥンク)

でさ、なんかこれにて2人のギスギス終了!ティファはもうクラウドを信じます疑いません!守ります!みたいな優しい雰囲気(BGMはティファのテーマ)でこのシーン終わったんだけどさ、

根本的な解決してなくね??

ニブルヘイム事件の記憶の食い違いがギスッた最大の原因で、それきっかけでお互いのこと疑い始めたでしょあなたたち、、、。

ティファにとっては「クラウドは自分を助けてくれようとした私のヒーロー」であることが彼を信用するに値する重要な事実だったってことなのかな。

じゃあニブルヘイムに来たのがザックスだったかクラウドだったかはもうあまり重要ではない???(そらもう大半のプレイヤーが知ってることではあるけど)

Ruka

なら3作目の精神世界、何するん?完全オリジナル?

とか色々疑問はありますが、ティファがクラウドを信じるっていうならそれはそれでいいとおもう、よ。

最後に

ゴンガガの超展開にもびっくりしたけど、まさかこの記事9,000文字近くにまで膨れ上がるとは!

それくらい、リバースのゴンガガは深かったんですよ!もちろんタークスの恋バナはカットされていたけど。

次はコスモキャニオン!できればニブルヘイムもクリアしたいな~~リバースやること多すぎて全然クリアにたどり着きません!

本サイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

© SQUARE ENIX
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:© YOSHITAKA AMANO