エンタメ

【6巻】ミステリと言う勿れをネタバレ徹底解説!【20話(Episode2.5-2)】

この記事は『ミステリと言う勿れ』第6巻20話(Episode2.5-2)のネタバレを含んでいます。

この記事で紹介するのは『ミステリと言う勿れ』第20話(Episode2.5-2)のネタバレと感想になります。

前回のお話・19話(Episode2.5)のネタバレはこちら。

【6巻】ミステリと言う勿れをネタバレ徹底解説!【19話(Episode2.5)】 この記事は『ミステリと言う勿れ』第6巻19話(Episode2.5)のネタバレを含んでいます。 この記事で紹介するのは...

1話から最新話までの記事を一覧でまとめたものがこちら。読みたいネタバレ記事にすぐアクセスできます。

【ネタバレ注意!】ミステリと言う勿れ・ストーリー全巻まとめ【1話から最新話まで】月間フラワーズで連載中の大人気漫画『ミステリと言う勿れ』。2022年1月からは月9で実写ドラマも放送されています! この記事では当...

【第20話(Episode2.5-2)】開かぬ箱【ネタバレ】

その日、我路、甲矢、乙矢の3人は香川県にある漂流郵便局を訪れていました。

そこは受け取る人のいない手紙を出せる場所。亡くなった人や過去・未来の自分に宛てて手紙を出せる場所。

愛珠を殺害した犯人を見つけ出し、復讐を果たした我路。

この件には決着がつき海外に飛んだところ、愛珠の部屋の片付けをしていた叔母から一本の連絡が入ったのです。

それは、愛珠の自宅に漂流郵便局に彼女が書いたと思われるハガキを見つけたと書かれた匿名の手紙が届いていたという知らせでした。

 

そこには本当に愛珠が生前書いたと思われるハガキがありました。しかし、それを読んだ3人はその内容に驚愕します。

それはまるで『自分は生きる資格もなく駄目な人間だ。もし死ねなかったらジュートに頼もう』と、気の強かった愛珠からは想像もできない遺書のような内容で―――……

”生きる資格がない”なんて、愛珠がここまで悲観的になるほど彼女を追い詰めたのは一体誰なのか……。

 

 

手がかりとなるのは、手紙に書かれていた”ジュート”という人物と愛珠の部屋にあった”寄木細工の箱”

寄木細工は昔甲矢が愛珠にお土産としてプレゼントしたものであり、甲矢のことが大好きだった愛珠はそれが嬉しくて寄木細工を集め始めたのです。

 

寄木細工の箱がどうしても開けられなかった3人は横浜にある寄木細工ミュージアムに向かってみることに。そこには辻 浩増(つじ ひろまさ)という小柄な男性学芸員がおり、彼は生前愛珠と交流を持っていました。

愛珠の寄木細工の箱は月岡 桂(つきおか かつら)のという人物作品であり、その箱を愛珠が購入したことがきっかけで愛珠、辻、月岡の3人は親交を深めていったのです。

その時ちょうど、横浜で横行している連続殺人事件の新たな被害者が出たというニュースが我路たちのもとに飛び込んできます。

さらに今回現場には、犯人のものと思われる”羽喰 十斗”という署名が残されていたとの続報が。

それを聞いた我路はピンときます。十斗……これを”ジュート”と読むのだとすれば、愛珠のハガキに書かれていた名前と一致するのでは?と。

寄木細工ミュージアムを後にした我路たち。

我路は連続殺人事件の犯人はジュートだと確信していましたが、愛珠と知り合いだったなら会って話を聞いてみたいと言い甲矢と共に羽喰について調べることにしました。

 

一方で我路を追って寄木細工ミュージアムを訪れたのは猫田 十朱(ねこた とあけ)という女性刑事でした。

我路は証拠不十分で指名手配こそされていないものの、警察には容疑をかけられている存在。

しかし結局入れ違いになってしまい不発に終わった猫田は、学芸員の辻に我路本人がまた来たら連絡して欲しいと自分の名刺を渡します。

辻はその名前を見るなり、バランスが良くていい名前だと呟いたのでした。

 

猫田が署に戻ってすぐ、辻から話したいことを思い出したからもう一度ミュージアムにきて欲しいと連絡が入ります。

急いで署を後にした猫田と入れ替わるように、新人の男性刑事が新たな情報を持って戻ってきました。

夜な夜なトランクを引いた謎の少女の目撃情報が多発していること。

その少女が例の闇カジノで時々占いをしており、そこで働く女性スタッフたちが本名を明かして占いを受けていたこと。

そして、その人物が実は少女ではなく女装した男性だということを。

その報告を受けた備前島は、被害者全員の名前に漢字の”十”が入っていることに気付いたのです。

 

今単独で行動している猫田。彼女の名前にも漢字の”十”がたくさん入っていて―――……!!??

【ミステリと言う勿れ】20話感想

生前の愛珠は女王様のように気が強い女性でした。どれくらい気が強かったかと言いますと、

私がついていたら無敵!地獄のケルベロスもひれ伏す!

と我路にお話しされるレベルにはお強い方でした(笑)

さらに、幼い頃は我路に文句を言った同級生の子を井戸に叩き込んでやったりもしています(笑)

一見傍若無人にも見える愛珠ですが、発言がややアレ()なだけで根は弟思いの心優しい姉だったのでしょう。それは我路が彼女のことを人を支配したがるはた迷惑な女と皮肉りつつも、愛していたと話しているところからも読み取れます。

愛珠は家族から愛される存在だったんですね。

 

そんな愛珠がなぜあそこまで悲観的なハガキを書くに至ったのでしょう。生まれつき病気がちで働ける身体ではないのに闇カジノでアルバイトを始めたのも疑問ですよね。

どうやらとあるカウンセリングを受けてそう言われたから働き出したようなのですが、このカウンセリングは愛珠がこれまでお世話になっていた主治医とは別件なのです。

とある人物によるカウンセリングと愛珠の性格が180度変わってしまったのには関係があるのでしょうか。一体何を言われたのかはまだ作中では明らかになっていないので非常に気になるところです。

 

そして同時進行している横浜の連続殺人事件もいよいよ佳境に。

犯人であろう羽喰 十斗は名前に漢字の”十”が入っている女性ばかりを選んで殺害していたようですね!何で十なんだろう……爆弾魔の三船も数字の3にこだわっていましたし、ミステリと言う勿れでは数字も実はキーワードだったり…?(考え過ぎ?)

この人物は間違いなく平成の切り裂きジャックと呼ばれた羽喰 玄斗の血縁者でしょうね。何の目的があって女性たちを狙っているのか……

さらにこの羽喰 十斗が愛珠の言っていた”ジュート”と同一人物なのだとすれば、一体愛珠とどんな関係にあったのでしょう。彼女は自分で死ねなかったらジュートに殺してもらおうと考えていたようですが……。

 

そして気がかりなのは現在単独で行動している猫田刑事!

彼女の名前にも漢数字の”十”が含まれています。ミステリーでは大概一人になると何かあるので、猫田刑事の身に何かあるのではないかと勘繰ってしまいます!!次回が気になる展開ですね。

【ミステリと言う勿れ】の最新巻を無料で読むには?

ミステリと言う勿れの原作をいち早く読みたい方は下記で紹介している電子書籍サイトの無料体験や無料で付与されるポイントを利用するのがオススメですよ!

U-NEXT 31日間の無料体験あり。申込すれば600円分のポイントがもらえるので原作まるまる1冊分無料で読むことができます。
さらに作品購入でなんとポイント還元40%!U-NEXTでは動画も豊富に配信されているので、漫画だけでなく動画も楽しみたい方はこちらがオススメですよ。
eBookJapan 今なら無料会員登録で6回分の半額クーポンを獲得できます!
ミステリと言う勿れの原作は1冊462円ですが、クーポンを利用すれば231円で購入することが可能!
eBookJapanでは日々セールが行われているのでオトクに漫画を購入したい方は要チェック!現在2巻まで無料公開中♪お見逃しなく。
まんが王国 無料会員登録OK!ポイントを使用してオトクに漫画を読みたい方に!ポイントを購入し、ポイントを使用して漫画を読めばなんと最大50%ポイント還元!
漫画をまとめ買いする人にはかなりオトク。他の漫画もまとめて読んでみたいと考えている方には特にオススメです!
【6巻】ミステリと言う勿れをネタバレ徹底解説!【21話(Episode2.5-3)】 この記事は『ミステリと言う勿れ』第6巻21話(Episode2.5-3)のネタバレを含んでいます。 この記事で紹介する...