エンタメ

【6巻】ミステリと言う勿れをネタバレ徹底解説!【18話(Episode9)】

この記事は『ミステリと言う勿れ』第6巻18話(Episode9)のネタバレを含んでいます。

この記事で紹介するのは『ミステリと言う勿れ』第18話(Episode9)のネタバレと感想になります。

前回のお話・17話(Episode8-4)のネタバレはこちら。

【5巻】ミステリと言う勿れをネタバレ徹底解説!【17話(Episode8-4)】 この記事は『ミステリと言う勿れ』第5巻17話(Episode8-4)のネタバレを含んでいます。 この記事で紹介するのは...

【第18話(Episode9)】デートならぬ遠出【ネタバレ】

15時。すっかりライカと待ち合わせの場所となっている桜の樹の下に整が行くと、そこにはいつものようにライカの姿がありました。

整は最近自分が関わる事件の関係者が決まって星座マークが刻印されたアクセサリーを身につけていることに疑問を抱き、ライカの意見を聞こうとここにやってきたのです。

自分の思い過ごしかもしれない―――と下を向く整に、ライカは「思い過ごしってことはない。整くんが気になるなら何かあると思ったほうがいい」と言うのでした。

2人が話していると、ふいに通りかかったのが温室の管理人・真波。真波は2人にお正月はどうするの?と尋ねます。特に用事のなかった2人ですが、話の成り行きでなんと初詣へ行ってみることに!

 

 

元旦3時。改めて考えてみると、これはまるでデート!?いやいやいやと緊張が走る整。待ち合わせの場所に到着していたライカと共に、おみくじを引いたり参拝をしたり一緒にたこ焼きを買って食べたりして2人は初詣を楽しみます。

ライカは、参拝中も妹・千夜子(ちやこ)の身を案じていました。春になれば自分はいなくなる。そうすれば、妹がたった一人で残されてしまうのです。

 

そろそろ病院に戻る時間になった時。神社を出ると突然ライカが「焼き肉食べないか」と整を誘います。こんな日のこんな時間にお店やってないですよ?と慌てる整でしたが、ライカの視線の先には明かりのついた一軒の焼肉屋が。

中に入ると、親子と思わしき男女の店員が2人並んで立っていました。もう店じまいしようとしている中年男性でしたが、若い女性はお父さん年明け早々お客様を返しちゃだめ!と喜んで整とライカを迎え入れてくれたのです。

女性はてきぱきと準備を進め、整たちを席に案内してくれたのですが―――……2人にお冷を差し出したその手が、なぜかとても震えていました。

それを見逃さなかったライカは、すかさずいつもの数字の暗号文で整に「見たか ひどく緊張している」と伝えます。

 

注文しようにも、初めてのことで勝手の分からない2人。そんな時、女性店員は「小銭が落ちてます」と5円玉と10円玉を差し出しますが、それは整たちが落としたものではありませんでした。

整がメニューを凝視していると、先付けのゴーヤトーフが運ばれてきました。「フヤフヤじゃないですけどー」という女性店員の発言にライカは鋭く目を光らせます。

しばらくメニュー表と格闘していた整でしたが、単語も注文の仕方も分かりません!と降参し、女性店員にオススメを教えてもらいます。

彼女が挙げたオススメは、タン塩・酢もつ・ケジャン・テールスープ。

するとそれを聞いた男性店員が「おいおいもっとちゃんとオススメしろ。気の利かない娘ですみませんね」と後ろから横やりを入れてきて―――その言葉に、何かを感付く整。

 

整が運ばれてきた肉を焼きながらメニュー表を眺めていると、オススメと言っていた酢もつが乗っていないことに気付きます。彼女がどうしても「酢」を入れたかった理由が何かあるのかもしれない。そういえば、さっきのゴーヤトーフにもゴーヤは入っていなかった―――……。

察したライカも、再度数字の暗号文で整に何かを伝えます。

 

 

食事を終え、お会計を済ませて店を出る整とライカ。店の外まで見送ってくれる女性店員に、男性は「カギ閉めとけ。客を入れるな」と指示します。

しばらくしてライカと別れた整はさっきの店に忘れ物をしたことに気付き、再度お店のドアをノックします。施錠されていたドアを開けてくれ、一緒に忘れ物のボールペンを捜してくれる女性店員でしたが―――その時。

店じまいしたはずのこの場所に、どやどやと大勢のお客がなだれ込んできたのです!

迷惑そうに入店を断ろうとする男性店員でしたが、大勢のお客はいいじゃん正月だし!生ちょうだい!と話を聞きません。

すると整が、いつものように静かに語り出します。「僕、サスペンスドラマで不思議なシーンを見かけるんです。刑事が犯人を見つけたらすごく遠くから声をかけるんですよ。だから当然逃げられちゃうんです。」男性店員が不思議そうな顔で整を見つめます。

そして。

「どうして近づいてしっかり捕まえてから名前を呼ばないんだろうって」

そう言った整の言葉と同時に、無理矢理入店してきた大勢のお客が男性店員を取り押さえたのです。

「そういうことだな、浦部沢 邦夫。1月1日午前5時23分。身柄を拘束。警察だ。

なんと、男は焼肉屋の店員・そして父親を装っていただけの指名手配中の強盗殺人犯だったのです!女性店員の本当の両親は奥の部屋に閉じ込められていました。そしてなだれ込んできたお客の正体は警察!実は整が焼肉屋を出てすぐに警察に連絡していたのです。

 

 

「気付いてくれたんですか?」と涙ながらに整に感謝する女性。整とライカが数字を使って会話をしていたことから、彼女も数字で犯人にばれないよう整たちにサインを出していたのです。

初めに差し出した5円玉と10円玉。

ゴーヤの入っていないゴーヤトーフ。濁らず”トーフ”と”フヤフヤしてない”から『フ』と『ヤ』を取るとゴート―=強盗。

オススメの”タン塩”、メニューにない”酢もつ”、”ケジャン”、そして”テールスープ”。全ての頭文字を取って並べると―――……助けて。

強盗 助けて

この意味に気付いた整とライカによって、事件は無事解決されたのでした。

【ミステリと言う勿れ】18話感想

相変わらず察しのいい整とライカ!さすが物語の探偵役ですね!!自分だったら店員さんに「フヤフヤじゃないですけど」って言われても絶対何にも気付きませんw

そして何よりも犯人にバレないよう、何も気付かないふりをして店を出てから実は警察を呼んでいたという整のスマートさ!!このシーンの整はかっこいいのでぜひ漫画でも読んで頂きたいです。

【ミステリと言う勿れ】の最新巻を無料で読むには?

ミステリと言う勿れの原作をいち早く読みたい方は下記で紹介している電子書籍サイトの無料体験や無料で付与されるポイントを利用するのがオススメですよ!

U-NEXT 31日間の無料体験あり。申込すれば600円分のポイントがもらえるので原作まるまる1冊分無料で読むことができます。
さらに作品購入でなんとポイント還元40%!U-NEXTでは動画も豊富に配信されているので、漫画だけでなく動画も楽しみたい方はこちらがオススメですよ。
eBookJapan 今なら無料会員登録で6回分の半額クーポンを獲得できます!
ミステリと言う勿れの原作は1冊462円ですが、クーポンを利用すれば231円で購入することが可能!
eBookJapanでは日々セールが行われているのでオトクに漫画を購入したい方は要チェック!
まんが王国 無料会員登録OK!ポイントを使用してオトクに漫画を読みたい方に!ポイントを購入し、ポイントを使用して漫画を読めばなんと最大50%ポイント還元!
漫画をまとめ買いする人にはかなりオトク。他の漫画もまとめて読んでみたいと考えている方には特にオススメです!
【6巻】ミステリと言う勿れをネタバレ徹底解説!【19話(Episode2.5)】 この記事は『ミステリと言う勿れ』第6巻19話(Episode2.5)のネタバレを含んでいます。 この記事で紹介するのは...