エンタメ

【4巻】ミステリと言う勿れをネタバレ徹底解説!【10話(Episode4-5)】

この記事は『ミステリと言う勿れ』第4巻10話(Episode4-5)のネタバレを含んでいます。

この記事で紹介するのは『ミステリと言う勿れ』第10話(Episode4-5)のネタバレと感想になります。

前回のお話・9話(Episode4-4)のネタバレはこちら。

【3巻】ミステリと言う勿れをネタバレ徹底解説!【9話(Episode4-5)】 この記事は『ミステリと言う勿れ』第3巻9話(Episode4-5)のネタバレを含んでいます。 この記事で紹介するのは『...

【第10話(Episode4-5)】殺すのが早すぎた【ネタバレ】

なによりも知りたかったであろう逃げ延びた少女の血筋。それを探るために朝晴は今回の遺産相続争いを仕掛けていたのです。

4人それぞれに蔵を与え、手帳や人形、お茶碗など分かりやすいヒントを置いて彼らに親御さんたちが調べたルートを辿らせようという作戦でした。

整は序盤から朝晴がずっと進行を促す発言をしていたことに気付いていたのです。

 

観念したように大きく息をついた朝晴は言います。「4人乗ってると思わなかったんですよ」と。

あの日。朝晴は汐路の父と新音の母だけが車に乗っていると思っていました。この2人は容姿から殺すリストに入っていたものの、ゆらの母と理紀之介の父は本来なら死ぬ必要のない人間だった。巻き込まれて気の毒だった。まさか全員乗っているなんて―――…そう淡々と言う朝晴に、

「誰も死ななくてよかったと思いますけど」

と整が返します。

殺すのは2人だけでよかったし、そのつもりだった朝晴。しかし、誤って4人殺してしまったのは―――汐路が、出かけるのは2人だけと言ったからだと言うのです。

当時まだ8歳だった汐路は、何も分からぬまま朝晴に父の動きを全部話していました。

パパが最近おかしいこと、しょっちゅう広島に行こうと言うこと、ママに内緒で何か調べていること、勝手に蔵に入り新音の母とよく話していること、そしてあの日の前日、「パパと新音のおばちゃんが車でどっか行くみたい」と電話してきたこと……。

そこで汐路の父と新音の母が家の歴史を調べていることに気付いた朝晴は、どうせいつか殺す2人だから自分の初仕事としてやってしまおうと考えたのです。

だから、全部汐ちゃんのおかげだよ―――その朝晴の言葉に、汐路は自分が大好きだった父を殺してしまったのだと大粒の涙を浮かべます。

そんな汐路に整は、

「あなたのせいじゃないです。100%!完全に!彼のせいです」

と言い、理紀之介たちも全員汐路のせいじゃないと朝晴に言い返します。

 

 

そこへ車坂弁護士と真壁税理士が慌てて姿を現しました。警察には何もしゃべるな、お前は疲れている、黙っていなさいと朝晴に告げる車坂。

しかし、整は「どうしてですか?」と声をかけます。「朝晴さん、あなたはこれを使命だと思っているんですよね?やらなければならない崇高な使命だと教えられてきたはず。悪事と思っていないなら隠すこともないのでは?」と。

それに納得した朝晴は、祖父たちのことも洗いざらい全て話してしまうのでした。

自殺とされていた『鬼の集』の脚本家。しかし、彼は祖父である車坂と真壁によって殺されていたのです。泥酔状態で手首を切ったと言われていた彼。実際は2人が無理矢理酒を飲ませて心肺停止状態にしたのです―――……。

車坂は強い睡眠薬を使わなければ眠れないほど日々怯えていました。真壁は自分の娘や孫の絹にもこの事実は伝えられていないものの、三家を安定して続けさせるために必要なルールだと必死に言います。

そう、一人っ子との結婚が駄目だという掟は、狩集家にはあとあと殺される人間が出てくるから。特に理紀之介は殺されるリストに入っていた―――だから、絹との結婚も許されなかったのです。

整を車で襲ったのも車坂でした。朝晴は進行役として整が必要だと考えていましたが、祖父は彼のことを勘が良過ぎる厄介者だとしていたのです。

 

「汐ちゃん。僕は汐ちゃんの言ったことだから完全に信じた。USBメモリが厳島神社にあるって……何も疑わずにここへ来たんだ。汐ちゃんが僕に嘘をつくなんて悲しいよ。」

うずくまる汐路に追い打ちをかけるように、朝晴はそう告げます。

そして、僕は犯罪者ではなく必要なことをしてるだけ。歴史上みんなやってきたことだ―――…そう言い残して、車坂・真壁と共に警察へと連行されていくのでした。

 

朝晴たちがいなくなり、整は「お父さんが見つけたほんとの狩集の子孫の人に会いに行きましょう」と言いました。

なんと本当のUSBメモリの隠し場所は、宿にしていた本家の玄関に飾られていたアメジストドームの中に隠されていたのです。

正当な子孫の家では、小さなアクセサリーショップを営んでいました。部屋の中には日本人形が2体飾られており、1体は長女であるオーナーが代々受け継いできたもの、そしてもう1体は汐路の父親たちから渡されたものでした。

こんなバカなことは自分たちの代で終わらせる。決して子供たちには引き継がせてはならない。子供たちのために全てを明るみに出すと固い決意で親御さんたちは笑っていましたよ―――とオーナーは話します。

そして8年間渡せなかったという、親たちが我が子を思ってオーダーした宝石があしらわれたブレスレットが4人に手渡されるのでした。

 

 

整が東京へ帰る日。みんなが駅まで見送りに来てくれた中、「あれ?ととろー?その頭、ととろーじゃろ?小学校で一緒だった……」と声をかけてくる一人の男性の姿がありました。

しかし、整はそっけなく「違います。人違いです。」と言ってその場から立ち去り……。

 

新幹線がまもなく発車する時、乗り込む整の背に「東京帰ったら遊びに行くからねーーー!!」と告げる汐路。整は「もう結構ですっっ!」と慌てて新幹線へと乗り込むのでした。

【ミステリと言う勿れ】10話感想

ということで10話をもちましてエピソード4は終了となります!これまでのエピソードの中でも一番の長編でしたね。

これで事件は解決しましたが、ただでさえ幼少期から「殺し合う一族だ」と祖父から言われ続けて心に深い闇を抱えていた汐路。まさか大好きだった朝晴にまでも裏切られてしまう結果に終わるなんて……。汐路はさらに深い傷を抱えてしまったのではないでしょうか。(なんか最後は明るく振る舞っていますが……。)

ところで、少しずつ整の過去にも触れ始めた回でしたね。

整のことをととろーと呼ぶ人物が現れましたが、触れられたくない過去なのか整はサクッとあしらって行ってしまいましたし……。整も汐路同様何かしら心に抱えているものがあるっぽいですね。これから少しずつ明らかになっていくのでしょう。

【ミステリと言う勿れ】の最新巻を無料で読むには?

ミステリと言う勿れの原作をいち早く読みたい方は下記で紹介している電子書籍サイトの無料体験や無料で付与されるポイントを利用するのがオススメですよ!

U-NEXT 31日間の無料体験あり。申込すれば600円分のポイントがもらえるので原作まるまる1冊分無料で読むことができます。
さらに作品購入でなんとポイント還元40%!U-NEXTでは動画も豊富に配信されているので、漫画だけでなく動画も楽しみたい方はこちらがオススメですよ。
eBookJapan 今なら無料会員登録で6回分の半額クーポンを獲得できます!
ミステリと言う勿れの原作は1冊462円ですが、クーポンを利用すれば231円で購入することが可能!
eBookJapanでは日々セールが行われているのでオトクに漫画を購入したい方は要チェック!
まんが王国 無料会員登録OK!ポイントを使用してオトクに漫画を読みたい方に!ポイントを購入し、ポイントを使用して漫画を読めばなんと最大50%ポイント還元!
漫画をまとめ買いする人にはかなりオトク。他の漫画もまとめて読んでみたいと考えている方には特にオススメです!
【4巻】ミステリと言う勿れをネタバレ徹底解説!【11話(Episode5)】 この記事は『ミステリと言う勿れ』第4巻11話(Episode5)のネタバレを含んでいます。 この記事で紹介するのは『ミ...